« ケータイ刑事 THE MOVIE お披露目 | トップページ | 闇打つ心臓は傑作 »

2006年1月18日 (水)

銭形雷 打ち合わせ

 15時から脚本打ち合わせでBSiへ。その後、赤坂の飲み屋で多聞さん、ドリマックスプロデューサーの田沢君、脚本家の加藤君、中邨君らと飲む。多聞さんとは連荘の飲み会になってしまうが、僕は乾杯ビールの後はウーロン茶のみでお茶を濁す。この日も多聞さんから仰天アイディアが飛び出して、正直戸惑うが、やってないことをやるのは面白いので肩の力を抜いて考えて行こうと思う。同時に、田沢君とスケジュール調整をやって、いよいよ2月のスケジュールが固まる。

 帰りに多聞さんから、「ケータイ刑事 THE MOVIE オフィシャルガイドブック」と「銭形零DVDBOX」のサンプルを頂き、帰宅してから「ガイドブック」で妻と盛り上がる。なんで僕より助監督の宮崎の写真の方が多いんだよ!セカンド助監督は一番役者のそばにいるから当たり前なんだが、これが一番笑える。宮崎は映画「リング」で、貞子の眼を演じた非常に特徴のある顔をした男です。僕の映画では「発狂する唇」で助監督応援&血まみれ出演して以来の付き合いで、武術指導の熊欣欣に「チルドレン、チルドレン」と呼ばれていたのが印象深い。「ゾンビ極道」では女装の殺し屋を演じたし、つまりお化けみたいな子供みたいな女みたいな奴と言うことだ。

|

« ケータイ刑事 THE MOVIE お披露目 | トップページ | 闇打つ心臓は傑作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銭形雷 打ち合わせ:

« ケータイ刑事 THE MOVIE お披露目 | トップページ | 闇打つ心臓は傑作 »