« 関東横断 | トップページ | 鎌倉会 »

2006年2月11日 (土)

山中貞雄 河内山宗俊

 次の雷のコンテ割りの勉強のため山中貞雄の「河内山宗俊」を見る。この映画は日活ビデオで出ていた時代は音声がかなり悪かったのだけど、DVD化されてかなり聞き取れるようになった。何せ70年前の映画ですからね。ブックレットに我が敬愛する鈴木則文と、山田宏一、それに仲間の青山真治(最近会っていないけど)らが文章書いていてどれも興味深い内容だった。殆ど動かずにフィックスで表現されたカット割。そして、ここぞとばかりに感情の動きを演出する雪。青山言うところの「心意気」山田宏一言うことろのラストの「ワイルドバンチ」的アクション。狭い路地とどぶ川の水しぶきが圧倒的迫力で映画的な感情、エモーショナルな至福のときを与えてくれる。映画は82分。いつから映画は90分を超えるのが当たり前になってしまったのか、それこそペキンパーやセルジオ・レオーネの一部の大作映画以外は本来90分と言う不文律が守られていたはずだったのに・・・。鈴木則文が思うように、僕もフィックスで表現するカット構成をもっと学ばなくてはいけないだろう。戦前の映画は見るたびに常に発見がある。現在の映画を見るより1億倍も斬新な発想で撮られている映画が多いので実に刺激的だ。純粋に映画表現と言うものを考えるならやはり封切映画より古典を見るべきだと言う思いはさらに強くなった。忙しくて行けないが、マキノ雅弘の特集を新文芸座と新しいユーロスペースでやっているが、見たい映画に限ってスケジュールが合わないのが悔しい。

山中貞雄日活作品集 DVD-BOX DVD 山中貞雄日活作品集 DVD-BOX

販売元:日活
発売日:2004/05/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 関東横断 | トップページ | 鎌倉会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15626/673469

この記事へのトラックバック一覧です: 山中貞雄 河内山宗俊:

« 関東横断 | トップページ | 鎌倉会 »