« ケータイ刑事 THE MOVIE 凱旋上映決定 | トップページ | ケータイ一区切りとカサベテス祭り »

2006年3月11日 (土)

藤田敏八 秋吉久美子 妹

秋吉久美子 DVDセレクション 秋吉久美子 DVDセレクション

販売元:日活
発売日:2004/05/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 明日は銭形雷のアフレコなので、こちらも朝から予習をする。ちょっと普通のアフレコではないし、小出さんも初めてだろうから丁寧にやってあげないといけないかなと台本を広げてみるが、しかし、とは言え、やってみないとこればかりはなんとも言えない。初めてめての試みだからなあ。いよいよ、13話の完成が大詰めだ。どうなることやら・・・。

 と言うわけで、午後からはオープン戦を見に横浜スタジアムへ行こうかなと思ったが、雨天のため昼前に中止となってしまったので、渋谷に『忘れえぬ想い』と言う香港映画を観にいこうと思い立つ。この間見た「新世紀 MrBoo』と同じキャストで恋愛映画の傑作があると聞いたのでどうしてもみたかったのだが、出かけるタイミングを逸してしまった。今日で封切終了なので2番館落ちまで待つしかないか・・・。

 と言うわけで結局、2年前に日活ビデオの人から頂いた、『秋吉久美子BOX』を広げて「妹」を20年ぶりくらいに観た。当時はパキさん独特のぽやんとした70年代青春映画のイメージが強かったのだが、再見すると相当にいろいろな手を変え品を変え妙な演出をしているのが際立った傑作だった。少なくても、この映画に出てくるような人たちはリアルには存在しなかったろう。壊れた日常を具体的な映像イメージで次々と畳み掛けて来るのは、他の映画には絶対にない魅力だ。強いて言えばブニュエルの映画に一番近いんじゃないだろうか?当時はもっと同時代性の中の青春映画と言うか風俗映画のように見ていたのだが、全然違う。これって青春映画じゃなんかじゃないですよね。秋吉久美子と言う極めて魅力的な女優を起用しての素敵に破綻した映画だ。

 後年僕は秋吉久美子さんとも、藤田敏八さんとも仕事をする機会があった。秋吉さんは「誘惑者」と言う映画で助監督として知り合ったが、実際もっとコケティッシュで美しく、明るく、いままで出会った女優の中で一番女優さんらしい人だった。僕は撮影中随分仲良くさせてもらったので、業界にはいろいろ言う人もいるがもっとも素敵な女優の一人だと思う。ちなみに、『誘惑者』は草刈正雄さんと出会った映画でもある。藤田監督は「学校が危ない!」と言うオリジナルビデオで、俳優として柏原よしえさんの父親を演じてもらったが、憧れの監督に出演していただいて、こちらの方が緊張した思いがあったが、このビデオの撮影半年後に逝去なされてしまった。「妹」のようなとんがった映画を見るとまだまだ自分なんか駆け出しだなあと、この人たちには全然追いついてないなあと言う思いにさせられる。リアリズム糞食らえだな。

 

|

« ケータイ刑事 THE MOVIE 凱旋上映決定 | トップページ | ケータイ一区切りとカサベテス祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケータイ刑事 THE MOVIE 凱旋上映決定 | トップページ | ケータイ一区切りとカサベテス祭り »