« WBCとオープン戦 | トップページ | WBC メキシコーアメリカ戦 »

2006年3月17日 (金)

WBC 日本ー韓国

 負けたものは仕方がない。気持ちを入れ替えてペナントを楽しもう。敗因はそりゃ大会の在りよう含めていろいろあるとは思うが、困難と言われていた野球の世界大会を開催できたことだけでもよしとしなくてはいけないのかもしれない。野球を取り巻く環境はまだまだ改善の余地がある。ボールの世界統一規格。ストライクゾーン。開催時期の問題などなど。MLBが半ば強引に進めた今回の大会は、選手の選定などまだまだ未成熟な大会だったと言えよう。MLBは先日の審判の誤審に関しても、公正な審判員の配置に関しても日本からの質問状にもまともに答えられないようだし、そういったプレーとはまた別なところでの改善を早急にしていかないといけないと思う。

 まあ、それでも3試合それなりに楽しめたので、気持ちを切り替え、これからはベイスターズの方に集中します。

 そのベイスターズはオープン戦3連勝中。この時期の成績はあてにならないが、新外国人投手獲得も今日発表されたし、きっちりとした野球で勝ち星を拾っていってほしいものだ。

|

« WBCとオープン戦 | トップページ | WBC メキシコーアメリカ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WBCとオープン戦 | トップページ | WBC メキシコーアメリカ戦 »