« ロケハン | トップページ | 怪談新耳袋 準備 »

2006年4月26日 (水)

中川信夫 日本残酷物語

 午前中は『怪談新耳袋』の脚本直し。午後からはラピュタ阿佐ヶ谷まで中川信夫監督の「日本残酷物語」を観にいく。会場には中原昌也氏や井口君それにキングレコードの山口さんなんかまで来ていて、平日の昼間だと言うのに超満員だった。映画のほうは、正真正銘のモンド映画。ヤコペッティの『世界残酷物語』のパチモン企画でピンク映画のチェーンで公開された1963年の映画。冒頭いきなり「ここに残酷あり!」と言う黒バックに白抜きの筆文字がガーン!と浮かぶところからもう中川信夫。「地獄」のオープニングを髣髴とさせる。構成的には北海道の熊祭りで熊の皮を剥ぐところから始まり、列島縦断して長崎原爆から当時の最南端の奄美大島の風葬まで、結構真面目?にドキュメンタリーとして描かれるが、自殺の名所で水中カメラを使って死体の人形を仰角で撮ったりする映像の構成はまさに中川信夫独特の構図であり、時折それとわかるヤラセ場面の妙にしっかりとした映像がキワモノを超えて確りとした映画として成立させている。ナレーションはなんと宮田輝。井口君も山口さんもこの人を知らなかったようだが、宮田輝はNHKのタレントアナウンサーの草分け的存在で、紅白歌合戦の司会をやったりした後、自民党から参議院議員に立候補してトップ当選を果たした人物である。そんな人ががなんでこの映画のナレーションを務めたかわからないが、このナレーションの暢気な感じがまたよかった。それほどキワドイシーンはないけど、60年代初頭の日本の風俗を見ているだけでも結構楽しめる映画だった。と言うことはつまり編集や構成が確りしているからなんだろうね。大らかな気持ちになる映画だった。後で調べたら編集の永田伸はマキノの「次郎長三国志1~4」の編集マン長田伸氏の変名だったことがわかった。道理でうまいわけだねえ。長田伸は成瀬の「石中先生行上記」なんかにも携わってますね。

 それにしても平日の昼だと言うのに超満員。しかもそこで『怪談新耳袋』のプロデューサーと監督2人が出くわすと言うのはいったいなんなんだ?映画終了後は近くで手作りハンバーガーを山口さんや井口君と食べて帰る。

|

« ロケハン | トップページ | 怪談新耳袋 準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロケハン | トップページ | 怪談新耳袋 準備 »