« ケータイ刑事 THE MOVIE 広島死闘編 | トップページ | ロケハン »

2006年4月23日 (日)

ケータイ刑事 銭形泪 歌って踊って殺人事件 爆音上映

 昨日は雨の広島入り。横川シネマで、夜の10時過ぎから加藤賢崇君とトークショー。賢崇君とは久々に会うので、6時頃から劇場で待ち合わせして横川シネマ近くの「得」と言うお店で広島お好み焼きを食べながら生ビール。「得」は以前に横川に来た時も入ったが、東京では絶対に食べられない量とうまさ。しかも安い。僕は、昔からお好み焼きは大阪のよりも焼きそばが入って広島名物の『おたふくソース』がたっぷりかかった広島お好み焼きの方が好きなんだけど、ここのは特にうまいな。もし横川に行くようなことがあれば『得』はお勧め。

060422_174401 と言うわけで、雨とさすがに10時過ぎと言うこともあってトークの客入りはちょっと寂しかったけど、トークそのものは盛り上がって、あっという間に40分くらい喋り続けてしまう。『ケータイ刑事』の話から、黒沢清組の話、日本映画の現在まで中々濃厚なトークでした。

で、圧巻だったのは「ケータイ刑事 銭形泪 歌って踊って殺人事件」の爆音上映。横川シネマは変則的な上映形態で、朝から「THE MOVIE」やるんだけど途中に何本か他の映画も入れ替えで上映されている。ちなみにこの日も「ロバと王女」(ジャック・ドミュー)「鴛鴦歌合戦」(マキノ雅弘)「T-REX ボーン・トウ・ブギー」(リンゴ・スター)と言う布陣で、偶然ではあるが全てミュージカルや音楽映画だった。そしてこの日は、音楽ライブ用のBOZEのスピーカーを持ち込んで、「ボーン・トウ・ブギー」の爆音上映が行われていたので、おなじデジタル上映の「歌って踊って殺人事件」でも爆音上映が可能になり、急遽音楽ライブ並の大音響での上映となった。これにはもう感動。特に、ミュージカルシーンでの高音質大音響の迫力には脳内が痺れまくった。これはまあ、横川シネマの溝口君の好意で実現できたもので、今後はもうないと思いますが、昨日「歌って踊って殺人事件」のライブ上映に遭遇できたお客さんは実に貴重な体験をしたと言わざるを得ない。東京でもやれると絶対に受けると思うんだけど・・・。

 終わってからは関係者のみで、僕が数年前に撮った海外向けのアクション短編(諸事情で門外不出)を爆音上映で見たり、3時まで映画について語り合ったり、短いけど中々濃厚な広島行きでした。

 横川シネマがんばれよ!

|

« ケータイ刑事 THE MOVIE 広島死闘編 | トップページ | ロケハン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケータイ刑事 THE MOVIE 広島死闘編 | トップページ | ロケハン »