« 怪談新耳袋 本編 | トップページ | 喜寿のお祝い »

2006年5月31日 (水)

怪談新耳袋 MA 完成

 13時30分からMA。音楽、効果を入れて、同録のセリフなどを調整する作業。音楽効果の遠藤浩二さんは『ケータイ刑事』も含めてもう何十本も一緒にやっているのでこっちのやり方もわかっていて、作業はスムーズ。今回は編集後のテープにイメージ曲を入れることで、音楽のイメージを伝えてあるので早かった。撮影~準備段階ではいろいろあったが、自分が撮った4本はそれぞれに満足できる仕上がりとなった。キングレコードの山口さんもダビング終了までいてくれて作品を喜んでくれたのでほっとすると同時に嬉しかった。 今回は、『怪談新耳袋ファイナル』と言うことで、個人的に自分以外の人が撮った今までの作品にもリスペクトしたものにしたかったのだが、いくつかの部分で山口さんにそこを指摘されたのは嬉しかった。

 いままでのシリーズにリスペクトしながら、ホラー表現の新しさ(と言うか実は古典回帰でもあるのだが)を追求したかったので、その目的はある部分において達成されたと言ってもいい。山口さんに聞くと、他の監督の作品もどれも面白いらしいので、これは楽しみですね。6月中にはみんな完成して、7月にDVD発売、Bsiでもオンエアーされます。スタッフ、キャストの皆様、本当にお疲れ様でした。いい作品が出来上がりそうです。

 ほっとする間もなく、『ケータイ刑事』のスタッフからはひっきりなしに電話がかかってくる。明日は朝8時から都内ロケハン。体力的にはちょっとしんどいかな・・・。でも自分を待っていてくれるスタッフがいるといると言うのは嬉しいことなので頑張ります!

 次は自分の『ケータイ刑事シリーズ』の原点に立ち返りつつ、豊島の投げた「増村」と言うボールに答えなくては!と言うことで「増村保造の世界」を引っ張り出す。

DVD 赤い天使

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2004/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 怪談新耳袋 本編 | トップページ | 喜寿のお祝い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怪談新耳袋 本編 | トップページ | 喜寿のお祝い »