« 怪談新耳袋 個人的クランクアップ 今日もきつかったが楽しかった! | トップページ | 怪談新耳袋 新しい可能性へ向けて »

2006年5月26日 (金)

怪談新耳袋 編集チェック

 数年前には信じられなかったが、編集画像をファイル化してメール転送してもらうことで自宅のパソコンで編集ラッシュを見ることができるようになった。まだ自宅サーバーを構築していないので大容量の長編映画は無理かもしれないが、「怪談新耳袋」のような短編だとそれが可能になる。と言うわけで、今日は3本まで編集された画像が送られて来たのでチェックしてみるが、ちょっとまあ、演出をまだ理解していない編集になっているので困惑する。パソコン画面の小さな画面でポンポンテンポで繋ぐのがわかるから大きな画面に移行したときはもっとこの速さが気になるだろう。繋いでくれた人が、ホラーは緩急で緩の方が大事だと言うことがわかっていないのだと思う。日曜に直しをやることが決まっているので、これは結構な直しになるんじゃないかと覚悟する。でもまあ、これは仕方がないことだと思う。今でこそホラーと言うのは邦画の一ジャンルとして定着した感があるが、本来は一般化されることのない特殊なジャンルのものだと思うからだ。ホラー映画を観たりする経験値なんかそんなに備わっているものでもないのが普通だろう。だから、普通のドラマのようにテンポよく繋いでしまうのはいたし方のないことだ。ただ、それでは作品としては成立しないので、ここで大永君の登板となるわけです。僕は編集が苦手で自分でやり始めると際限なくやり直していくことになると思うから、大永君のような映画、それもホラーの本質を理解している人の繋ぎが必要になってくる。

 夜にその大永君と電話で長い時間打ち合わせをする。脚本を読んだ大永君はもう既に編集プランを先に立てているようだった。脚本がシンプルなのでどうやって繋いでも面白くなると思うから心配する必要なしとの言葉を聞いてほっとする。ジャンル映画としての狙いがはっきりしている時は処方がし易いという事でしょう。

 などと言うことをやりながらも、「銭形雷」の美術打ち合わせがもう明日だ。来週はロケハンと編集が重なるのでまた休めなさそう・・・。うちの奥さんが「県庁の星」の打ち上げビンゴでもらってきた東京ディズニーランドのチケットがあるのだが、入梅前に行くことは難しそうだ。

 

|

« 怪談新耳袋 個人的クランクアップ 今日もきつかったが楽しかった! | トップページ | 怪談新耳袋 新しい可能性へ向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怪談新耳袋 個人的クランクアップ 今日もきつかったが楽しかった! | トップページ | 怪談新耳袋 新しい可能性へ向けて »