« サイトリニューアル | トップページ | 世界大戦争 »

2006年7月15日 (土)

初めて見たぞ!内野5人シフト 横浜VS広島

 BS-iの仕事をしていて何が一番嬉しいかって、横浜ベイスターズのシーズンチケットを戴けるのが一番嬉しい。僕は数年前までは年間40試合以上の試合を観に球場へ通っていて、最近はそこまではいかなくなったが、それでも年間10試合以上は横浜スタジアムで観戦するのでこれは何よりだ。今夜は広島戦を観に妻と関内の横浜スタジアムへ。     

 試合のほうは、横浜三浦と広島大竹の投手戦で1-1のまま延長戦へと突入。10回裏、広島リリーフの高橋健が1アウトから小池にツーベースを打たれ、金城に4ボールを出したところで、広島ベンチは抑えの永川を投入してきた。横浜4番村田対永川と言う勝負になったが、村田がサヨナラのチャンスに冷静な選球眼で4球を選び、満塁。5番の古木を迎えることになると、広島ベンチからブラウン監督ガ飛び出して来た。左投手に変えるのかと思いきや、センターの森笠を下げて井王と言う選手を入れ、この井王をなんと内野守備に着かせたのだ。つまり、外野は嶋と前田2人となり、内野を5人の選手で守ることになったのだ!

Sn340010 これがその写真だが塁間に2人づつ広島の選手が守備に就いているのがわかる(写真クリックすると拡大されます)。MLBでは時折ある戦法で、巨人の星の最終回でもこの戦法をとったりしていたが、漫画や記事で見る以外見たことない守備位置だ。1アウト満塁でゴロを打たせた場合絶対に外野に抜けないためにこうしているのだが、結果は予想外の決着を見た。な、なんと、永川の投じたフォークボールがワンバウンドして跳ね、捕手の後ろに逸らすことになってしまったのだ。さすがの内野5人守備体制も捕手の背後に転がるボールは取れない。慌てて拾い上げた捕手の倉がベースタッチに向かったが、三塁走者の小池の好走塁で本塁を陥れ、ベイスターズのサヨナラ勝ち。

 塁間を抜けないようにと言う鉄壁のマーティシフトも、暴投では意味がなかった。こちらとしてはマーティシフトも、横浜の勝利も両方観られたので暑さも吹き飛ぶ爽やかな家路だった。写真が三塁側から撮られているのは、広島側の三塁スタンドががらがらだったので、横浜ベンチの選手を見たくて移動して見たのだが、三塁側から勝利に沸くライトスタンドを見るのもまた格別なものがあった。

Sn340011 試合終了後のライトスタンド。

久々に球場で味合う冷たいビールと枝豆は本当に美味しかったなあ!皆さんこれからナイターには最高の季節です。野球場へ行きましょう!

|

« サイトリニューアル | トップページ | 世界大戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイトリニューアル | トップページ | 世界大戦争 »