« 口中切開 その2 | トップページ | 甲子園は遠いけど・・・ »

2006年7月12日 (水)

花に嵐の例えもあるぞ サヨナラだけが人生だ

花発多風雨    ハナニアラシノタトヘモアルゾ

人生足別離    サヨナラダケガ人生ダ

 これは川島雄三監督「貸間あり」で桂小金治が小便をしながら言う台詞。今月に入って日本映画専門チャンネルでビデオソフト化されていない川島雄三の映画を放送しているが、これが滅茶苦茶で面白い。日活時代のいわゆる名作は観ていたが、プログラムピクチュアとして量産されていた川島作品は殆ど観る機会がなかったのでこれを機にいろいろと観たくなった。

 現代においてリメイクするのが最も困難な監督は、増村保造と川島雄三ではないかと思う。黒沢明は優秀なプロデューサーが金をかき集めれば何とかなると思う。小津も非常に独特だができなくはない。成瀬は最近の若い監督のバイブルにもなりつつあり、勿論「浮雲」を作るのは簡単なことではないが優秀な『メロドラマ』は時間があればできるだろう。でも例えば川島雄三の出鱈目さを再現するのは極めて困難ではないだろうか?特に最近「感動」がなくては、涙がなくてはいけないとされるような映画界においては・・・。感情移入を拒否すると言う点で増村も川島も一緒なのだが、それが決して必要以上に芸術映画的な視点でもなく、あくまでコメディだったりセックス映画だったりするところが凄い。

 例えば「青べか物語」と言う山本周五郎原作の映画にあるのはひたすらに猥雑な人間たちの描写だ。それも殆どシネマスコープの引きの画面の中に人物を収めきり、よほどのことがない限り「寄り」はない。かと言って手法としての長回しに拘ると言うわけでもない。『寄り』を撮ると言うことは何らかの感情を映した人物に感じさせるものだが、絶対にそれは拒絶する。ロングショットは勿論あるけど、芝居の見せ所は基本的にはルーズなサイズに人物を埋めるだけだ。新しい登場人物が出てきても、紹介カットのような寄りはない。隅々まで芸達者な役者がキャスティングされているが、全てが『裏粕』と言う街に生きる人々のしょうもない生活描写に貢献する為に存在している。一方、いつも臭い芝居をしがちな主人公の森繁久弥にはまるで浅野忠信のように無芝居の芝居を要求している。同じ猥雑な感じがあっても、愛弟子の今村昌平や森崎東にはなんらかの感情が常に付きまとう。だが川島喜劇はそうした感情は「無粋」とでも言わんばかりに拒絶される。

 先日今村昌平監督が亡くなられたが、助監督時代の今村がプログラムピクチュアを撮り続ける川島雄三に対し「なんでこんなものを撮り続けるのか?」と問いかけたそうだが川島は「セイカツノタメ」と一言答えただけだった。それは本音だったろう。だが、そこに「作家主義」には絶対に陥らない監督の意地を読み取ることも出来る。松竹時代の川島映画を去年下北沢でやっていたようだが、見逃したのが悔やまれる。

 川島雄三享年45歳。僕と同じ歳だ。環境が違うとは言え、45歳で「サヨナラだけが人生だ」と言えるはやはり凄いことだ。まあ僕は60歳くらいまでに「青べか物語」みたいな映画を撮れればいいかな。

|

« 口中切開 その2 | トップページ | 甲子園は遠いけど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口中切開 その2 | トップページ | 甲子園は遠いけど・・・ »