« 不愉快な阪神3連戦 | トップページ | 負けに不思議の負けなし 勝ちに不思議の勝ちあり »

2006年7月 8日 (土)

HOSTEL

イーライ・ロスの「HOSTEL」の感想も忘れないうちに書いておこう。(あ、下記のURL踏む時にはパソコンスピーカーのVOL下げてください)

http://www.hostelfilm.com/

『怪談新耳袋 最終夜』の仕上げ中に三宅君から輸入盤を戴いて観た、タランティーノ製作、イーライ・ロス監督による残酷ホラー映画だ。全米では既に相当な話題になって、4月に中原昌也君から『佐々木さん絶対観た方がいいいい!絶対これ撮りたくなります!」と言われていたので、観たのだがその直後に体調も壊して(映画のせいではありません)レビューしてませんでした。

 日本での公開もまだ決まっていないので、ネタバレは避けますが、思った以上にメジャー感のある映画です。香港の「ダルマ女」とか、そういった都市伝説を題材にしてるのだけど、前半30分近いユルユルのエロ描写をどう捉えるかで結構好き嫌いが決まるかもしれない。中盤のハードコアな残酷描写とのメリハリという意味ではいいのかもしれないが、生理的にアメリカのポルノ映画にありがちな「まったりとした明るい緩いエロ」に耐えられないと次のステージへ進むのはつらいかな?エロ→残酷→リベンジアクションと言う具合に楽しむエピソードが次々に変わるので前半を乗り切ると一気呵成に楽しめる。ただ、敵対する側が非常に具体的な組織なので、『悪魔のいけにえ』のように『理不尽な悪による恐怖』と言うのが希薄になっていくのがちょっと残念だったか・・・。そういった意味では「恐怖とは何か?」を追求している人たちには不満が残る映画なのかもしれない。同じ時期に見たトビー・フーパーの『悪魔の沼』と比べてしまうと、やはり『恐怖』と言うインパクトには欠ける。その分、後半のリベンジを楽しめるかどうかと言うところか・・・。

 そう言えば、天才高橋洋さんと『発狂する唇』の次回作のネタに「フィリピンの2000の狂人」と言うプロットを作ったことがあったが、その時の話に「HOSTEL」はちょっと似ているかもしれない。でも、イーライ・ロスより高橋洋が創った物語の方が実は何倍もインパクトがあって面白かったのだが・・・最後まで行く直前に「普通には纏めたくないですねえ」と言うところで止まってしまったのであった。時代が3,4年早すぎたか・・・。これを機にもう一度トライしてみたくなった。 でもまあそれやると成功はする可能性は高いがリスクもかなりありそうだ。それに高橋さん忙しそうで、一瀬さんとの仕事もあるだろうし、そっちが当然優先されるべきだろうからちょっと声はかけにくいっす。

 ちなみに上記に張った「HOSTEL」の予告は安易には見ないように。音も凄いけど、残酷描写苦手の人は踏まないようにしてください。本当に気持ち悪いです。特に「ケータイ刑事」とかを良く見ている健全な青少年の皆さんは見ない様に。多分この映画は18歳未満禁止でしょうから。

|

« 不愉快な阪神3連戦 | トップページ | 負けに不思議の負けなし 勝ちに不思議の勝ちあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不愉快な阪神3連戦 | トップページ | 負けに不思議の負けなし 勝ちに不思議の勝ちあり »