« カット構成に悩む日曜 | トップページ | クランクイン »

2006年7月25日 (火)

パニック映画を観にいったら、災害に

今日も終日お勉強。夕方頃にコンテを切り終わる。三宅君の書いたクライマックスのサスペンスと感情の流れをかなり生かせる内容になったんじゃないかなと安堵し、ドリマックスから送られてきたスケジュール表に照らし合わせてみると、およそ成立しないカット数になっていた。このプランだと、・・日はかかるかなあ。もう一度ワンカットで攻められるところはないかと考え直さなきゃ。胃が痛い。

夕方、Nさんお勧めの映画を観に品川のアイマックスシアターへ行こうと横須賀線に乗ったら線路陥没で電車が止まってしまい、しばらく足止め食らった後に西大井から引き返すことに・・・。まさにデザスターな体験でした。しょうがないので、帰ってトニー・スコットの「マイ・ボディガード」を観たり、「黒沢明VSハリウッド」を読んだり・・・。両方共に非常に面白いが、木曜からの撮影には毒になるかな。トニー・スコットはあのPV風カメラワークが気に入らないところもあるけど、押しどころと引きどころの職人演出には最近感服することも多い。脚本がよければ、結構面白い映画は創れるけど、脚本が駄目だとチカチカカットが鼻についてしまうところは、例えば少々脚本に難はあっても面白い映画に仕上げてしまうフライシャーやドン・シーゲルとは格が違うのだなと。でも現代にはもうフライシャーもシーゲルもいないので、トニー・スコットは貴重なはずなんだけど。黒沢VS聖林本に関してはつらい話が多いけど、面白い。早く最後まで読みたくなります。

ちなみに今日の夕食は越後もち豚の冷しゃぶでした。新潟のブランド豚のもち豚はあっさりしていて、肉のくさみがなくって冷しゃぶにはもってこいですが、ガツンと言う肉の迫力はありません。夏向きかな。個人的には、もう少し肉の味が強くても美味しいかなとは思いますが・・・。

|

« カット構成に悩む日曜 | トップページ | クランクイン »

コメント

監督お久しぶりです。
横須賀線陥没事故大変でしたね、ご愁傷様です。
監督は自宅でDVDを見られますが、映画監督の自宅のTVはプラズマそれともプロジェクターですか?どのような映像設備で見られているのか気になります。宜しければ教えてください。参考にしたいです。
あ、もちろんケータイ刑事 THE MOVIE プレミアムエディション購入しますよ!イベント予定ないでしょうかね?
それではまた。

投稿: たじ | 2006年7月25日 (火) 21時40分

 うちは、パナソニックの32インチのブラウン管のハイビジョンテレビ、音はパイオニアの5,1サラウンドスピーカーを接続しています。プラズマは現段階では、残像が残るなどの指摘がされているようですし(ビデオエンジニアレベルの話なので一般には気にならないようですが・・・)まだまだ高額。プラズマよりは液晶ハイビジョンがお勧めらしいですが、こちらもまだまだ安くなるまで待った方がいいかと思われます。地上デジタル派導入に伴い、確りとハイビジョンを録画したりするようになるならやはりHDMI端子付のテレビは必須だと思います。
 
 と言うわけで、いまは発展途上段階で今後どんどん廉価下が進むと思われますので、地上デジタル完全化までは、HDMI端子付のブラウン管ハイビジョンテレビが32インチ10万円台で買えるのでお勧めです。ブラウン管の難点は奥行きが大きいと言うことですが、スペースに余裕があるならブラウン管がまだまだいいと思いますよ。

 プロジェクターは液晶よりDLP再生可能なものじゃないと映画館のような解像度にはまだ程遠いのですがDLPはやはりまだ高額です。

投稿: sasaki | 2006年7月25日 (火) 21時58分

早い返答ありがとうございます。
やはりブラウン管がまだまだ優位なようですね。
薄型TVは、たしかに高すぎますね。。


投稿: たじ | 2006年7月25日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カット構成に悩む日曜 | トップページ | クランクイン »