« 日米野球 | トップページ | 15日水曜 »

2006年11月11日 (土)

間違いなく大傑作だった「叫」

 新橋の汐留ホールで黒沢清監督「叫」のマスコミお披露目試写。公開が先なので、余り語るとネタバレになるので差し控えますが、間違いなく大傑作。久々に物語の面白さを堪能し、幽霊の様々な運動(物理的、空間的)に度肝を抜かれ。そして、ラストに向かう終盤にはなぜか『物語』によって感動まで生まれる。テーマは信じるものだけが『許される』と言う「アカルイミライ」や「回路」に通じるちょっと異形の希望に関する映画。僕は黒沢さんの映画を試写で見て興奮を覚えたのは「CURE」以来ではないだろうか・・・。とにかく「CURE」以降の黒沢清の集大成のような映画であった。そして、この企画が監督一人の意向で生まれたのではなく、まさにプロデューサーと監督の利害の一致から生まれたものであることが素晴らしい。

 プレスによれば監督は「新しい幽霊の物語を「怪談」をモチーフにしようと考え、一瀬さんは「古臭い怪談ではなく現代的な不条理劇として物語を構築できないだろうかと高度なオファーを出した。と答えている。この映画は、まさにそのオファー通りの完成度高い「怪談」の現代的な不条理劇として完成し、舞台挨拶で監督が言うように「一瀬氏とのコンビネーションによってまさに生まれた映画」になっていたと思う。だからこれは、どのカットをとっても120パーセント黒沢映画でありながら、一方でプロデューサーの依頼に見事に答えた職人仕事だとも言えるのである。その仕事ぶりが本当に映画に対して潔らかであると思うのだ。

 とにかく、黒沢清を知る人も、未だ知らざる人も「叫」は絶対に観にいくべきだろう。嘘ではなく、ラストにはある「感動」が得られると思う。

 来春、シネセゾン渋谷他にてロードショー公開のようです。

|

« 日米野球 | トップページ | 15日水曜 »

コメント

Ropes and chains allow of knives, and she forced her own failings.

投稿: sonic bloom | 2007年2月 4日 (日) 17時44分

A squall struck the water.

投稿: military radar stations | 2007年2月 6日 (火) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日米野球 | トップページ | 15日水曜 »