« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006年7月23日 - 2006年7月29日

2006年7月26日 (水)

クランクイン

DVD ふたつの時、ふたりの時間

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2003/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 明日から撮影です。今日は『ケータイ刑事』と全く関係ない蔡明亮 の「ふたつの時、ふたりの時間」を観ました。撮影前、撮影中はできるだけ関係ない傑作を観る事にしています。数日ブログも休みです。

| | コメント (0)

2006年7月25日 (火)

パニック映画を観にいったら、災害に

今日も終日お勉強。夕方頃にコンテを切り終わる。三宅君の書いたクライマックスのサスペンスと感情の流れをかなり生かせる内容になったんじゃないかなと安堵し、ドリマックスから送られてきたスケジュール表に照らし合わせてみると、およそ成立しないカット数になっていた。このプランだと、・・日はかかるかなあ。もう一度ワンカットで攻められるところはないかと考え直さなきゃ。胃が痛い。

夕方、Nさんお勧めの映画を観に品川のアイマックスシアターへ行こうと横須賀線に乗ったら線路陥没で電車が止まってしまい、しばらく足止め食らった後に西大井から引き返すことに・・・。まさにデザスターな体験でした。しょうがないので、帰ってトニー・スコットの「マイ・ボディガード」を観たり、「黒沢明VSハリウッド」を読んだり・・・。両方共に非常に面白いが、木曜からの撮影には毒になるかな。トニー・スコットはあのPV風カメラワークが気に入らないところもあるけど、押しどころと引きどころの職人演出には最近感服することも多い。脚本がよければ、結構面白い映画は創れるけど、脚本が駄目だとチカチカカットが鼻についてしまうところは、例えば少々脚本に難はあっても面白い映画に仕上げてしまうフライシャーやドン・シーゲルとは格が違うのだなと。でも現代にはもうフライシャーもシーゲルもいないので、トニー・スコットは貴重なはずなんだけど。黒沢VS聖林本に関してはつらい話が多いけど、面白い。早く最後まで読みたくなります。

ちなみに今日の夕食は越後もち豚の冷しゃぶでした。新潟のブランド豚のもち豚はあっさりしていて、肉のくさみがなくって冷しゃぶにはもってこいですが、ガツンと言う肉の迫力はありません。夏向きかな。個人的には、もう少し肉の味が強くても美味しいかなとは思いますが・・・。

| | コメント (3)

2006年7月24日 (月)

カット構成に悩む日曜

 朝から脚本広げて、芝居プランカット割など演出プランを考える。前回は演出自体は脚本に沿う形を崩さず、カメラアングルは、ギミックなアングルを避け、極力人の目の高さに拘って撮ってみたのだけど、これはこれで面白かったのだが、でも『ケータイ刑事』と言うジャンルを考えると、ちょっと弾け方が足りなくなってしまった感があり、今回は最終回と言う事もあって、いろいろ悩む。このジャンルでなくては出来ない表現とウエルメイドに作り上げる間で揺れております。セルジオ・レオーネの勉強もしておくか・・・。

 夜は楽しい飲み会。湯葉とか、冬瓜の酢の物とか、京うどん。極めてあっさり系の食事でした。でも美味しかったな。映画の話も弾んだし。

 帰ってきたらオールスターゲームのことをプロ野球ニュースでやっていたのだが、このストレートしか投げないのがオールスターの花みたいな極端な流れはいつから始まったのだろう。確かに直球が持ち味の藤川や、球速で飯を食っているようなクルーンが真っ直ぐのみで勝負した昨日はそれはそれで楽しかった。しかし、カブレラが広島の永川にフォークを投げたからと言って怒るのは本末転倒だ。永川は、落差の大きいフォークがウイニングボールのフォークピッチャーだ。真っ直ぐは殆どが見せ球である。その永川に真っ直ぐで勝負しなかったと怒るのはどう考えてもおかしい。逆だろう。永川のフォークを打ってこその勝負だと思う。カブレラは何か勘違いをしているし、球宴が真っ直ぐショーではないことを客も含めてもう一度考えた方がいい。

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

打ち合わせ連発

 7月22日 朝9時から美術打ち合わせ2回目。今回は脚本届いてから打ち合わせまでの時間が短いので苦労する。でも演出のポイントはもう決めているので、そこが揺るがなければいいと思う。問題は天気だなあ!これが曇りでもきついんだが・・・まだ数日あるので神に祈るしかない。粛々と淡々と準備にかかります。

 午後は昼食をとりながら、依頼があった映画の件で渋谷で久々に某氏と会う。予算的には充分なので、前向きに検討。とりあえず原作と企画書を預かり、映画の方向性を考えることに。今週の撮影が終わったら具体的に考えよう。いくつか朧げに見えてきたことがあるので、何人か昔から付き合いのあるスタッフにメールを送ってみる。好感触。

 帰ってからいろいろストレスが溜まることもあったのだが、夕食に四万十川の天然鰻を食べて、枝豆、ビールで全て忘れる。フロンターレは負けたけどね。

| | コメント (0)

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »