« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006年9月24日 - 2006年9月30日

2006年9月30日 (土)

グエムル 漢江の怪物

 初冬に撮る予定の映画のキャスティングもようやく固まり始めて、それに則してキャラクターの変更や、映画そのものの方向性も若干修正が必要になってきたので、原作を読み直したり、参考になる映画をDVDで集めたりの日々が続く。来週の脚本打ち合わせでもっといろいろ見えてくるようになるだろう。

 さて、昨日は三日続けての映画鑑賞で「グエムル 漢江の怪物」を観る。僕らが観て来た怪獣映画とはちょっと異質の印象で、映画としてはボ・ジュノ監督による「殺人の追憶」と被る。映画は中々の力作だったと思うが、もう少し端折れる部分があってもいいかなと、少女が落とされた排水溝の高さの表現とか、もっと効率のよい描き方は出来なかったかなと思うし、ラストのクライマックスの音楽の過剰な盛り上げはちょっと苦しかった。それでも、ハリウッド製怪物映画の表層的な追体験を回避してあくまで、オリジナリティある「韓国の日常に現れた怪獣映画」を構築したところは楽しめた。そういった意味では、米軍と韓国政府によるウイルスの捏造部分などは類型的で、主人公が捉われてしまうと言う制約の為にしか機能していなかったので、この手の陰謀を描かせるなら「エイリアン」のイアン・ホルムのような象徴的存在を一人出してそいつの行動軸と主人公との対立を描いた方が効率的だったのではないかと思う。米軍関係者と韓国人通訳のやりとりを聞いてしまうだけで真実が判明すると言うのは説明のための説明にしかなっていなくて、いくら個性的な顔つきの役者をキャスティングしても、映画的なアドレナリンには直結しなかった。

 この映画を観ていて思い出したのは13,4年前に黒沢清監督と高橋洋さんで企画し、第1稿までは上がっていた「水虎」と言う怪物映画。この映画の脚本に向けての詳細は、偽書簡日記として黒沢清著「映像のカリスマ」に読むことが出来るが、ペットとして飼われていた「カミツキ亀」が、茨城かどっかの水路で成長し人を襲うと言う恐怖映画で、基本的には「JAWS」を狙ったものだったように思う。脚本から想像する怪物の大きさは「グエムル」と丁度同じような大きさではなかったか?ラストに迷路のように走る水路から水門へ誘い込んで、その水門で甲羅ごと叩き殺す場面は「グエムル」以上に興奮させられるシーンだったが、エピローグで主人公たちがこの亀の肉を食べてしまうと言うアイディアは脚本に書かれていたものなのか、高橋さんの口からのみ聞いて、脚本では割愛されてしまっていたかはさすがに10年以上前に一度だけしか読んでいなかったので定かではない。

 この頃のディレカンで映画にならなかった脚本や、黒沢さんの自身が書いて映画にできなかったプロットなどは今でも残っているが設定だけでも魅力的な「ミクロコップ」だとか、この「水虎」だとかはいずれどこかで映画化されて欲しいと本当に思う。

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

蔡明亮「西瓜」とフランク・コラチ「もしも昨日が選べたら」

 午前中に、Bsiの短編プロットを仕上げたり、方々と業務連絡をとりながら、午後は1001174_01蔡明亮監督の新作を渋谷のシアター・イメージフォーラムへ観にいく。

    http://www.tml-movie.jp/index.html

 「西瓜」は先月観た「楽日」とは打って変わって、極めて猥雑でエキセントリックな物語を毒々しい表現と、いつもの台詞のない静謐な演出で魅せる台湾現代映画の傑作だ。主人公の男女の設定は「ふたつの時、ふたりの時間」からそのまま引き継がれてはいるが、今度は即物的な性と決して交わることのない男女の切ない物語が軸で、猛暑で水不足の台湾と言う舞台設定も重なって観ていて苦しくなるほどの映画だった。それでいて、ラストの衝撃的なふたりの結びつきはある意味感動的だ。性器を咥えて涙するチェン・シャンチーの涙は、「楽日」の映画館を覆い尽くすビロードのような雨にも似て切なく残酷な感動を与える。物語の幕間的に出てくるミュージカルシーンもデタラメで、笑わせてくれもするが、爽快感とはまったく違う、何か熟し過ぎて腐った果実を食べているような気分にさせられるが、どこか病み付きになりそうな後味引く想いにもさせられる不思議な映画だ。恋人を誘って、ちょっとデートだとか、時間つぶしに気楽に入って観るような映画では決してないが、じっくり新しい映画を観ようという人にはお勧めします。

 「もしも昨日が選べたら」は、27日観たんですが、前評判から『メリーに首ったけ』みたいなコメディ期待して観にいったんだけど、こう言うウエルメイドなコメディが本当に最近は下手糞だなあハリウッドと言う印象。ほんの数年前までは、ビデオスルーの映画ですらきちんとした段取りを踏んだ脚本だったのにね。こう言う映画が巧くないとハリウッド映画の楽しみってなくなっちゃうじゃないか・・・。キャスティングはツボを抑えた芸達者を揃えて楽しめるのに、実に勿体無い。「ラブ・イン・ニューヨーク」のヘンリー・ウインクラー、80年代のテレビヒーロー「ナイトライダー」のデビッド・ハッセルホルフなど、80年代映画、テレビファンには御馴染みの面子が揃っていて役者では充分に楽しめる映画だった。何か、今書いている短編の役に立つかなあと思ってみたんだけど、そういった不純な気持ちで映画を観ると失敗すると言う例でした。

| | コメント (0)

2006年9月26日 (火)

丹波哲郎よ永遠に・・・

 丹波哲郎さんが亡くなられた。84歳と言うことだったので充分天寿を全うしたと言うことだろうが、ぼくにとっは、昨日高校生ドラフトで横浜が田中将大を籤で逃したことよりもショックが大きかった。

 今時は、子供も結構遅くまで起きていたりするようだが、僕らの時代は小学校低学年くらいまでは夜9時以降のテレビを見ずに寝るのが普通だった。そんな中で、土曜の9時から始まる「キイハンター」だけは見ることが許されていた。これは同年代の人に聞くとどの家庭もそうだったようで、今から思えば結構子供には害毒な内容もあったと思うが、親が子供に見せてもよいと判断したのは、単に土曜の夜だったからなのだろうか・・・。菊池俊輔作曲による「殺しのライセンス」のテーマと共に始まる、和製ハードボイルドスパイドラマは、荒唐無稽でいながら、凝った作劇法やコメディセンスに満ちていて、小学校を卒業するまで『キイハンター』はほぼ毎週見続けていたのではないかと思う。そう言う中で、子供の僕にとって、初めて「大人の俳優」として認知したのが、丹波哲郎氏であった。当初はモノクロ放送だったこともあって、黒いハットを被ったタンバこと「ボス」はおちゃらけた芝居の千葉真一や谷隼人の緩い芝居とはまた別のハードな役回りを担って極めて格好良かった。

 その後もこの枠は近藤照男プロデューサーが枠を持つ限り、曜日や放送時間は変われど、90年代の「HOTEL」まで受け継がれた。その近藤氏も去年亡くなられた。70年代後半からの丹波氏は、大作化する邦画界にあって、決してなくてはならない存在となり、東宝、東映、松竹全ての映画会社が創る目玉大作にはほぼ出演していた。大作映画=タンバ出演だったのだ。90年代の中頃、『北京原人』と言う珍企画が東映の正月映画として公開され、佐藤純弥監督がメガホンをとったが、見事にタンバ節を炸裂させ、70年代のタンバをそこに復活させていた。思えば佐藤監督は「キイハンター」~「Gメン75」のチーフディレクターでもあった。

 僕らの周りで丹波さんと仕事をなされた人は一瀬隆重さんだろう。一瀬さんが自らメガホンをとった『帝都対戦』において霊的呪殺を行ってヒトラーを殺すシーンはやはり最高に興奮するタンバ芝居だった。タンバならヒトラー総統を呪殺できる説得力があった。

 とにかく、出てくるだけで世界観を変えられる役者はそうはいない。実は「ケータイ刑事 THE MOVIE」の初期の打ち合わせの頃、悪の親玉の正体が丹波哲郎で、車椅子に乗って覆面をしていて、声はどう聞いてもタンバ節なのだがあくまで謎の男ととぼけて、最後に捕まると、やはり犯人はタンバでした。と言うのはどうだろうかと言う提案をしたが、一笑に付されてしまったことがあった。3人娘にとっての最大の敵に相応しいキャスティングだと思ったが、今思えば、予算的な面や健康的な問題も含めて極めて非現実的な案であった。

 でも、一度は仕事をしてみたかった人がまた一人お亡くなりになられたことは確かだ。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »