« 妻仕事 | トップページ | 編集休み »

2007年1月13日 (土)

オフライン完了

昨日は13時からうちうちのセミオールラッシュをアビッドで。大永氏は前日も編集室に泊り込んだようで、モジュレーションの台詞や音がきちんと整理されている。画の繋ぎに関しては完璧。もうこれ以上直し様がない。直したくなる所があるとすれば撮影の段階に戻ることになるしかない。大きな修正箇所は、初日に思い切ってラストシーンを切ったり、河原のシーンを2ページほど切ったり、ちずる(小阪由佳)の練習シーンの一部を削ったところだが、これは観る前からお正月休みの間にある程度はプランニングを立てて削る箇所を予測していたところだったので、「観てから悩んで削るかどうかを決める」と言うことはなかった。里美(黒川芽以)の成長物語。これがぶれないことをとにかく心がけた。

 ここ数年で一番悩まずに編集がうまくいったのは、自分の脚本に自信があったのと、金谷さんのカメラがよかったからに他ならない。迷いがなければ編集は早い。僕はもう安心しきって、こちらの演出意図を100パーセント認識してくれている大永氏に託して見守っていればいい。

 これは撮影中も僕が貫いた姿勢で、根本が間違っていない時は、スタッフ編成で選んだスタッフたちが方向を見誤りさえしなければ何も言うことはない。あとは時間や天候と言った制限も含めて常に「判断」だけしていけばいい。
 
 編集大永、撮影金谷、アクション監督安里も含めて今回選んだスタッフに間違いなかったことを改めて確認した。
 あとは音楽効果の遠藤浩二がなんとかしてくれるだろう。既に本編に挿入されている黒川芽以の歌や、松尾敏信、秋山奈々たちのHIPHOP挿入歌のクオリティの高さで僕は安心している。

 今回改めて感じたこと「娯楽映画は経験値が作品の出来を左右する」と言うこと。この作品がうまくいきつつあるのは、なんだかんだとこの3年間で30本近いドラマや映画をBsiを中心に撮れて来た事が大きいのではないかと。撮影の金谷氏もBsの仕事で知り合った技術者だし、主演の黒川芽以も、音楽の遠藤もそうだ。大永氏とは丁度10年目。
 ようやく自分も「リオブラボー」連作のジョン・ウエインのようにプロ集団の『仲間』を結成できる域に差し掛かりつつあるかなあと思いました。 今回の『学校の階段』も含めて、こうした作品を撮る機会を与えてくれたプロデューサーの方々には心から感謝します。

 さて、次の難関は恐らくアフレコでしょうな。助監督が離れているのできちんとした段取りが組めるかそこだけが不安です。

|

« 妻仕事 | トップページ | 編集休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妻仕事 | トップページ | 編集休み »