« 桜並木とオーディション | トップページ | 学校の階段劇場試写 »

2007年4月12日 (木)

試写前夜

 明日は「学校の階段」の劇場での試写なので、朝早くから映写チェックの為に劇場へ行く。DLPでの上映は中々決まりごとが設定されていないので難しいですね。それでもベストの状態で上映して貰えるようなんとか苦心して頂く。久々に金谷氏の登場であった。
 午後の空いた時間になんとか「アンフェア」を観る。何か物語が進む為の事件が、いつ、どこで起きているか描写せずに、台詞で全ての説明を済ませていくのはスケジュールや予算の問題なのだろうか・・・。今のハリウッド映画のように「全てをドカーンと見せ過ぎてしまう」のもいかがなものかと思われるが、銃撃戦を音と照明だけで処理したり、2度の爆破事件を2回共に(呼応させていたと言うのもあるだろうが)音だけで処理と言うのは、観客のスイッチを入れて一気にバイオテロ話へ進ませるには点火力不足だったと思う。篠原涼子の衣裳とかは『グロリア』を思い起こさせるものだったのに、惜しい。こう言う映画をきっちり撮って欲しいですね。
 ちなみに、病院のパニックシーンで妻の事務所「夢工房」所属の法福君が警官役で出演してて中々目だっていたので、妻を通じてメールしたら凄く喜んでくれてよかった。彼は「ゾンビ極道」で小沢仁志を撃ち殺す鉄砲玉の役を演じていました。他にも北海道時代からの知人で、上京してからは『花組芝居」に所属し、最近では僕の「怪談新耳袋」で、三輪ひとみを微妙に脅しに来る落ち武者風の侍幽霊を演じていた佐藤誓もベテラン刑事の結構いい役で出ていた。皆さん頑張っています。役者の人たちは本当に辞めないでいてくれるのは嬉しいです。

 夜は自分でも最適な上映が出来るように数時間調べものに費やす。

|

« 桜並木とオーディション | トップページ | 学校の階段劇場試写 »

コメント

試写会行きます。楽しみです。

投稿: nan | 2007年4月12日 (木) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜並木とオーディション | トップページ | 学校の階段劇場試写 »