« ワークショップ3日目 | トップページ | ケータイ刑事 銭形海 本編集 »

2007年6月25日 (月)

サッドヴァケイション

 渋谷の試写室で昼から「サッドヴァケイション」を観る。今年は中田秀夫監督の「怪談」という傑作もあるが、もう1本ここにも傑作が生まれたと言う感じだ。
 青山監督の映画を観ていていつも思うのは、最初のワンカットから「映画」ならではの時間が流れ始めるところが素敵だなあと思うのだけど、今回はそれに増して深く重たく残酷な、それでいて中々笑えたり出来るという、つまりは堂々たる「娯楽映画」として2時間以上の時間を楽しませてくれる点がいままでの作品の中でも群を抜いていたのではないか?と思った。前半は、犯罪映画風に始まるところがカッコイイ!まるでサミュエル・フラーの映画みたいに興奮させられる。かと思えば、ワンシーンワンカットで撮られた光石研の芝居で物凄く笑わせてもらい、健次の「ヴァケイション」を一緒に体験していくことになる。この擬似家族構築のシークエンスが停滞することなく、的確なカット攻勢で澱みない演出で捉えられていくところが美しい。やがて、健次は目覚め「サッドヴァケイション」は終わり、秩序は壊れるが母親のあまりに強大な力が「暴力」すらも無化して行く。しかし、この母親の存在は僕には『救い』と言うより何か、こう「スペースバンパイヤ」のご神体宇宙船のようで、強大な邪悪さと神聖さを伴って怖かった。

 僕は、車内の見た目の風車が回る道を走るカットから引き込まれてしまったのだけど、いつも映画を見るときに気にしてしまう手法と言ったものの存在が全然気にならず、ドラマに引き込まれ、芸達者な役者たちの芝居に引き込まれていくのは、監督の力量ゆえであろうと思う。特に短い出演場面ながら、ワンシーンワンカットで撮った光石研と斉藤陽一郎の芝居が秀逸でかなり笑わせてくれる。このシーンだけでもお金を払う価値はあるかもしれない。
 その後も、現代映画スター勢揃いといった感じの中盤は、実に的確にそれぞれの俳優が役を自分のものにしていて、宮崎あおいもオダギリジョーも過不足のない役割をコツコツ演じているのが素晴らしい。誰一人「俺が」「私が」を俳優自身が見せないのがいい。このあたりは監督との信頼関係もあろうが、若手の監督には出来ない芸当だろう。見事な俳優のアンサンブルだった。それでいて、全ての役者に見せ場がありきちんと「決め」は的確な「クローズアップ」で撮られている!当たり前のことだが、当たり前のカットが邦画には少なすぎるのでこの映画のカット割りは的確なのだ。

 映画的という言葉は安易には使えないし、難しい言葉だと思うがこの映画は「純度100パーセントの映画」だと思うし、立派なエンタティメントだ。
秋からシネマライズ渋谷で公開されるので、是非観てほしい映画だと思う。

今年は「サッドヴァケイション」と「怪談」があれば邦画はもういいかな・・・とさえ思った梅雨の1日であった。

|

« ワークショップ3日目 | トップページ | ケータイ刑事 銭形海 本編集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワークショップ3日目 | トップページ | ケータイ刑事 銭形海 本編集 »