« 怪談新耳袋 10万枚突破! | トップページ | ワークショップ最終日 »

2007年7月 7日 (土)

クロード・シャブロル 「石の微笑」

 About01_02 これはいい!と薦められていたので、「Q-AXシネマ」にてモーニングショー鑑賞。
 これは本当にいい出来だ。ジャンルとしては、「フィルム・ノアール」であり、運命の女と出会ったが為にどんどん酷いことになっていく「ファムファタール」映画の傑作だ。久々にルノアールの「浜辺の女」を観た時のような読後感。主人公と運命の女が出会った瞬間の「視線劇」の感情の高まりは、やはり自分の力をマダマダと思わせるに充分なシャブロルの演出力。あのカット、「見知らぬ乗客」をちょっと思い出したけど、あそこまでギミックではない。もっと、こう、ヤバイ感じがヒシヒシと伝わって来る。照明で雨を表現している中、濡れたまま部屋に入ってきて、はらりとドレスを脱いで裸で主人公に抱きつく2度目の出会いはまさに官能的な画面作り。運命の女との息が詰まりそうな地下室での密会シーンも素晴らしい。そんなに美人ではないんだけど、ヤバサ加減が丁度いい。

 フリッツ・ラングの「飾り窓の女」とかジャン・ルノアールの「浜辺の女」、ビリー・ワイルダーの「警視の告白」それに、最近ではデ・パルマが挑戦しているフィルムノアールの傑作群の中でもかなりいいんじゃなかろうか?

 実は僕が一番好きなジャンルがこの、ワルーーーイ「運命の女」に弄ばれてしまう駄目な男の犯罪ミステリと言うジャンルなんですよね。

 なんとも憂鬱な撮影照明が本当に素晴らしいフランス映画の傑作。原作は、ルース・レンデルの「石の微笑」と言うミステリなので、ミステリ好きにもお勧めですね。今書いている映画のプロットのラストと非常によく呼応しているものを感じたので映画的モチベーションはガーーン!と上がる。

 ところで今日から始まる『ケータイ刑事 銭形海』の大政絢さんは将来的にはこういった「運命の女」を演じると素晴らしいのではないかと思いました。「白いドレスの女」とかね。

|

« 怪談新耳袋 10万枚突破! | トップページ | ワークショップ最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怪談新耳袋 10万枚突破! | トップページ | ワークショップ最終日 »