« トランスフォーマー | トップページ | 14,15は打ち合わせ »

2007年8月10日 (金)

宝積有香芝居 疚しい理由

夕方から宝積有香さんと川田希さんの2人が組む新ユニット「カニクラ」の第1回公演を観に妻と2人で渋谷のギャラリー・ルデコと言うフリースペースへ。久しぶりの小劇場芝居鑑賞。しかし、これがかなりの「当たり」だった。芝居は小さなスペースをパイプで作った特設座席がコの字型に取り囲む空間で行われるのだが、僕の座った席は丁度宝積さんの目線の先で、殆ど座ったままの心理劇なので、約1時間僕は宝積さんの顔を凝視続けることになった。芝居の方は、大きなどんでん返しもある心理サスペンス劇で、1時間宝積有香1人を凝視続けても飽きない良く出来た脚本と演出だったと思う。それにヒロインとしての宝積さんがとにかくいい。美しくて可愛くて、それでいて邪悪なヒロインを見事に演じきっている。何より「自分の芝居を見せてやる!」と言う傲慢さが微塵も見えないのがいい。もっともっといろいろな役に挑戦してもらいたいものだと感心させられた芝居だった。

 終わって本人に挨拶に行ったら、やはり芝居しながら僕とマネージャーの金元さんとうちの奥さんの3人顔がしっかり見えたのは気になったようだった。まあ狭いからしょうがない。僕らは楽しかったよ。

 明日、明後日も芝居はやっているので興味の或る方、宝積さんの芝居を眼前で観たい方は是非お勧めします。
 8月11日 14時30分~ 17時~ 19時30分~
 8月12日 14時30分~

 渋谷ギャラリー・ルデコ4F(渋谷新南口徒歩1分)
 前売 1800円 当日2000円 (これはお得)
 

 全席自由席で、宝積さんを確り観ようと思うなら入場してすぐ右側のパイプ席に座ることをお勧めします。奥へ行ってしまうとずっと背中だけしか観えないかも。

 カニクラユニット旗揚げはまずは成功だったのではないでしょうか。

|

« トランスフォーマー | トップページ | 14,15は打ち合わせ »

コメント

なるほど、舞台は生ものだから、
座る位置によっても観方が変わるんですね。。
来年芽以ちゃん主演の舞台「路地裏の優しい猫」を観に行く予定なので、とても参考になりました。

投稿: ファン | 2007年8月13日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トランスフォーマー | トップページ | 14,15は打ち合わせ »