« プロ野球合同トライアウト見学 | トップページ | 訃報二題 »

2007年11月11日 (日)

学校の階段 DVD発売記念イベント

 Sn340140

 朝から秋葉原の石丸電気で「学校の階段」DVDイベント。9時30分に助監督の宮崎と待ち合わせして石丸電気へ。秋葉原もやはり変わったなあと再確認。駅前は綺麗になりましたよね。

 イベント会場の楽屋に着くと、もう黒川さんは1時間以上も前に来てサインを書いていました。この日は、雨模様でどうなるか心配だったけど「私のファンは雨なんか関係なく来ます!」と芽以ちゃんの心強い一言。打ち合わせはかなり適当にやって、とにかく楽しいトークをしましょうと言う事になる。こう言うイベントの参加は初めてですね。劇場での舞台挨拶とはまた違った雰囲気で、映画の話も尽きているので、とにかく黒川芽以の太鼓持ちに徹しようと、舞台に上がってから「黒川芽以のちょっといい話」をしてみたが、時間が短くてもっと「いい話」はあるのにタイムアウト。助監督宮崎はこう言うイベント初参加だったが、ジャンケンに参加したり楽しそうだったのでよかった。

 今日は、時間がないのにイベント梯子なので、イベント中にアドレナリンを集中させ、後は慌しい移動また移動。二箇所目の「ソフマップ」は、黒川さんを15時40分の新幹線に乗せなくてはいけないために時間ばかりが気になるイベントとなり、フリートークは禁じられる。イベント終了後は黒川さんも楽しかったようで本当に良かった。僕も壇上は楽しかったです。来年も一緒に仕事しましょうと約束。帰りは角川のIさんと30分ほどお茶をして、秋葉原を一人でぶらつく暇もなく帰宅。Iさんとは、会場とはまた打って変わって日本映画の現状についてシビアにしかし前向きに語る。これも短いながら楽しかった。

 帰宅後、「トリコン!!!」のダビングに向けた効果音のアイディアをファイルに纏めるのに集中する。

 「トリコン!!!」はくだらないけど、思った以上に?面白い映画になりそう。

 

|

« プロ野球合同トライアウト見学 | トップページ | 訃報二題 »

コメント

お疲れ様です!
石丸の方に参加しました。

「一生、面倒」話は半分ネタみたいに仰ってましたが、是非そうなってもらいたい気も(笑)
ゆくゆくは「伝説の黒川&佐々木」作品特集上映とか。

握手会では、監督とは距離があってお話できなく残念でしたが、トークショーで、黒川さんの役柄についての話など聞けて面白かったです。

「トリコン!!!」も期待してます。
それでは。

投稿: ジシャック | 2007年11月11日 (日) 23時24分

お疲れ様でした。両方とも参加させてもらいました。
監督と芽以ちゃんのトークは抜群のコンビネーションでした。
とても楽しかったです。
「トリコン」も期待してます。

投稿: 青の6号 | 2007年11月12日 (月) 02時07分

イベントお疲れ様でした。質問コーナーがあれば、時間と予算が許すならどこを撮り直したかったかと聞きたかったのですが(公開から大分経っているので許される質問かなと思ったので)、黒川さんの新幹線の時間が迫っていたのなら仕方ありませんよね。さきほどDVDで久しぶりに「学校の階段」を観ました。これは映画館でも思ったのですが、ちづるがトラックを利用して外から2階に駆け上がるシーン。1カットで見せることで階段レースの現在進行の雰囲気を上手く作れていて、好きです(スタントマン・・ではないですよね?)。特典もかなり充実していて、“買い”なDVDですね♪

投稿: ファン | 2007年11月12日 (月) 07時09分

監督、昨日はお疲れ様でした。
芽以ちゃんの素敵なエピソードが聴けてとてもよかったです。まだ「いい話」はあるとのことですが、監督と芽以ちゃんなら今後もこういう機会があると思うので、ぜひ次の機会に聴かせて下さい。
DVDは特典映像も含め何度も見ました。監督が芽以ちゃんを網で捕まえてる(笑)シーンとかもお茶目で笑いました。ちなみにちづるのトラックのシーンはスタントの方でしたね。グラインダーで床を削ったのは内緒だと言っていましたか、削っているところが特典映像にバッチリ収録されていましたよ(笑)

投稿: HIRO | 2007年11月12日 (月) 18時21分

ジシャック様

>>ゆくゆくは「伝説の黒川&佐々木」作品特集上映とか。

 僕もそうなることを願っています。そして、その為にも日々精進して頑張ります。

青の6号様

 レスに関係ないけど小野さとるの漫画のファンなのですか?僕はプラモデルを持っていました。


ファン様
 一番撮り直したいのは、ピラミッドのアクションです。余りに時間がなさ過ぎました。カットが少なすぎです。
 それと芽以ちゃんも言っていたけど、グラウンドでの歌のシーンは現場プロデューサーから、ダンサーと振り付けをつけられないことを直前に通達されたのが痛かった。
 それと河原ですかね。天気で3回もスケジュールを入れ替えたのにその度に雨。結局、曇りの天候のまま撮影せざるを得なかったのが辛かった。

 それと最初は秋山奈々と黒川芽以のバトルも原作どおりに入っていたのですが、これは脚本段階で予算に入らないと省略することになったのですが、最初の稿のように撮ってみたかったかなと思います。
 それに入部テストとして、ゆう子と里美の対決と言うのもありました。
 最初の脚本は階段部員全員に走りの見せ場を作ってあったのです。
 この入部テストで里美の下半身の欠点がわかって、それを克服すると言うエピソードがあったのです。
 このあたりは、プロデューサー判断で切らざるを得なかったと言う感じですかね。

 HIRO 様

 DVD特典映像は実は未だ見ていないんですよ。裏を見せすぎるのは僕としては裸の姿を見られているようで、とても恥ずかしく、他人の映画のメイキングを見るのは楽しいのですが、自分の映画のメイキングはみたことが実はないんです。
 監督としては、夢は夢のままでいてほしいと思うんですよね。

投稿: sasaki | 2007年11月12日 (月) 21時33分

昨日はおつかれさまでした。
参加させていただきました。
芽以ちゃんにばかり気をとられ、監督手づからサイン入りジャケットを下さったのにも気づかない有様で申し訳ありませんでした(^ ^;;
またあんな雰囲気のイベントがあったらいいなと思います。
もう少し時間に余裕があればもっとイイですが(笑)
本当にありがとうございました。

初日舞台挨拶で仰ってたように、100本200本映画撮ってください!!

投稿: ま行 | 2007年11月12日 (月) 22時53分

 昨日はお疲れ様でした。思えば、「学校の階段」劇場公開は5月でほぼ毎週の如く六本木でイベントがありましたね。 当面DVD発売でひとまず完結でしょうが、石丸電気では握手会で丁度前の方が「ハムスタ・トレーナー獲得者で、私は腕章(前日、試着しようとしたら、腕が太くて肘まで上がらず着用はあきらめました。悪役ですしね。)獲得一番乗り(早く言えば入賞者中、最小回数)で、マラソン鑑賞イベント参加者として最低限の義務は果たせた(?)つもりです。
 DVD本編の感想は置いといて、特典映像の感想などを少々。 とにかく劇場公開時のイベントが多かった。公開中は毎週末あったように覚えています。女優さんたちは入れ替わりですが、監督は皆勤賞だったのでは? ちなみに最多鑑賞者表彰のところで使われた映像が、腕章の残り数から見て私の箇所だとすれば、右手の甲だけ映像に映り込んだようで、顔バレが無くって一安心。(でも、最多賞の方を映すべきではなかろうか?)
 撮影中のエピソードも皆、高校生に近い人も、そうじゃない人も学生のノリで、作品自体のカラーにかなりの影響を与えた様にかんじられました。撮影現場にいた(!)監督にとっては日常的でも、本編しか目に出来ない一般視聴者にとっては、映画自体をもう一度楽しめる特典だと思います。ジャッキー・チェンが日本で受けたのもエンドロールの特典映像のためじゃないかしらと思う次第です。
 取りとめなくなってしまったので今宵はここまで。長文失礼しました。

投稿: にこべん | 2007年11月12日 (月) 23時33分

イベント、参加券は持っていたんですが都合が悪く行けませんでした。どうも、学校の階段はイベント運が悪かったようです。芽以ちゃんのちょっといい話が聴けなかったのは残念です。写真からも、楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。
来年も一緒に仕事しましょうとのことですので、楽しみにしています。

投稿: nan | 2007年11月13日 (火) 02時53分

プラモデルは持っていませんでしたが、青の6号の漫画は大好きでして、それでこのハンドルネームにしました。

また機会がありました「黒川芽以のいい話」を
聞きたいですね。
また来年も一緒に仕事をしようと芽以ちゃんと約束したそうですね。
佐々木監督と芽以ちゃんの芽以(名)コンビが見られるのを楽しみにしてます。

投稿: 青の6号 | 2007年11月13日 (火) 05時59分

おつかれさまでした
とてもたのしめました。

記事にしてみましので
ご覧ください

http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/newsheadline_1553.html

投稿: テツ | 2007年11月13日 (火) 20時05分

イベントお疲れ様でした。
本当に盛り上がった楽しいイベントでした。

ご夫婦で毎日、芽以ちゃんのことを話題にしているというエピソードが微笑ましかったですし、「私のファンは雨なんか関係なく」という芽以ちゃんの言葉は、例えネタとしても、本当にうれしいです。書いてくださってありがとうございます。

監督との握手が今回もあるものだと思っていたので、時間の関係で監督は後ろで見守ることになり、泡食ってましたが、プレゼントをお渡しできて良かったです。ハムスターにちなんだアームレスト、PC作業の時に楽だと思うので、使ってみてください。最多鑑賞特典のハムスターTシャツにも気づいていただけて恐縮です。

トリコン、男性アイドル映画なんて普通なら見に行かないですけど、いろんな意味で楽しみです。

そして、海2S13の放送や、また脚本も書かれるとのことで、楽しみにしています。

それにしても、実にうらやましいツーショットですね。

投稿: 東大卒なのにノンキャリア | 2007年11月15日 (木) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球合同トライアウト見学 | トップページ | 訃報二題 »