« Blu-rayの実力 | トップページ | 脚本打ち合わせ »

2007年12月 3日 (月)

五輪野球予選

 夏に撮った短編を編集まで終えて放置してあったので、今日事務所に行ってファイナルカットプロでカラコレ。デジタル作業のカラコレは何度もお付き合いしてきたので、金谷さんや今泉さんの見よう見まねでいじってみるがこれが中々面白くてついつい凝ってしまう。この映画は、緒方明氏、安藤尋氏、篠原和幸氏、利重剛氏などの作品と共に来年の夏に公開予定です。僕のは正面から学校問題を扱った真面目な映画です。
 
 帰ってからは野球五輪予選の台湾戦を妻と共に観戦。もっと楽に勝てる展開だとおもっていたら以外に相手投手を打ちあぐみ、先発ダルビッシュが球威、制球、変化球どれも「らしくない」投球で結構ハラハラさせられる。そのぶん面白かったけど、野球の試合としては昨日も今日も随分と不満の残る内容だった。それにたかが予選通過したくらいで泣く星野監督もどうなんだろう。プレーオフを勝ち抜いても表情一つ変えず、日本シリーズを制すまで胴上げも許さなかった落合監督の方が僕はカッコイイと思った。だって、これは勝って当然の通過点。韓国もMLB選手は出場していない。いわば格下チーム相手に奮戦しすぎなのだ。

 それはともかく、僕自身は五輪野球のプロ派遣はまだ疑問が残る。オリンピックってアマチュアの祭典で、やはりプロ野球選手は参加すべきものかどうかは疑問が残る。MLBのメジャーリーガーが殆ど出てこない中途半端な戦いに日本の1軍選手が出て行くのはどうなんだろう。

 一方でアマチュアの世界選手権試合は全く報道すらされない。野球はWBCさえあればいんじゃないかな。そうじゃなければサッカーのようにアンダー20とかで挑んでみた方が面白いかもしれない。アメリカが3Aの日本で通用しない駄目外国人を4番に置くようなチームを出すなら、日本もアマチュアと2軍、或いは育成選手で構成してみてはどうだろう。北京以降はしばらく競技としてなくなってしまうのは寂しいが、プロが混じるようになって、実質アメリカ、キューバ、日本、韓国、オーソトラリアしか参加意義なくなってきている競技はやはり意味ないかもしれない。と、野球好きからの意見です。

 プロ野球はやはりペナントレースを制さなくちゃ。
 

|

« Blu-rayの実力 | トップページ | 脚本打ち合わせ »

コメント

色々と同感です。予選突破なんて、日本代表の実力なら当然のはずなのに、泣くほどのことかなとは思いました。ただ、野球人気低迷をなんとかしたいというプレッシャーもあってのものなのかなとも。あと、これは穿った見方ですが、男泣きすることでメディアや視聴者の注目を上がられたらという考えもあったのかも。日本シリーズについては、本音を言うと最後まで投げてもらいたかったんですが、指がだめなら仕方ないですよね。中日ファンが納得してるのなら文句は言いません。

投稿: ファン | 2007年12月 5日 (水) 23時55分

 まあ、あの山井降板の采配は賛否が問われるところだと思います。ただ、僕自身は落合監督ならあり得るかなと、そこまで驚きませんでした。もし、山井の指の豆が潰れていなかったらどうなっていたか?これは誰にもわかりませんね。ただ、落合監督としては1度も日本1になったことのないドラゴンズを日本1に導く責任はある。そして、得てして完全試合が綻びた瞬間堰を切ったように打たれて逆転負けなんてのもないわけではない。
 僕自身、10年以上前の神宮球場の対ヤクルト戦で斉藤隆投手の完全試合が綻びるのをこの目で見ました。9回裏ツーアウトから4ボールを出し、続く土橋に逆転ホームランを打たれまさかのサヨナラ負け。まさに天国から地獄への試合でした。野球は何が起こるかわからない。落合監督はそういう野球の怖さを嫌と言うほど知っていたのではないでしょうか?

投稿: sasaki | 2007年12月 6日 (木) 16時19分

そうかもしれませんね。その日は煮え切らない思いでしたが、翌朝はもう「それもそうだな」と納得してました。自分もあの采配は支持してます。ただ、これは関係のない事なんですが、ビール掛けに同伴していた息子のフクシ君の貫禄と存在感が既に父親以上になっていたのがとても気になりました(笑)。

投稿: ファン | 2007年12月 7日 (金) 22時19分

私もそう思います。やっぱり五輪の野球はアマ中心がいいです。アマがダメなら2軍(若手)と育成だけでも。星野さんみたいに大物ではなく、あまり知られていない人にでも監督をさせた方がいいですよ。

投稿: トモ | 2008年8月16日 (土) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Blu-rayの実力 | トップページ | 脚本打ち合わせ »