« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月4日 - 2007年3月10日

2007年3月 9日 (金)

プラス1

Photo_5  

http://www.uplink.co.jp/x/log/001825.php
アプレと言う、それこそ多村選手も所属するプロダクションが若手新人俳優育成の為にやっているワークショップの延長戦で短編映画を4人の監督が創り、劇場でも上映されることになった。もともと営利追求の為に撮っていた映画と言うよりは、芝居を考える為に撮っていたものなので、時々は僕も立ち止まって自分の映画への立脚基盤を考えたいと思うこともあるが、これはそうした自己回帰をするにはいい企画だった。特に「法則」と言う映画はほぼ4シーン4カットで撮った作品で、僕にしては珍しく胆力を持って3日間のエチュードから脚本を作ると言う芝居重視の映画作りを試みた映画だった。商業映画ではできない何かが観えて来たかどうか・・・。もし興味ある方は渋谷のアップリンクXまで来てください。
 僕は明日の15時の回終了時からトークイベントやる予定です。 そう言えばいまから24年前、初めて8ミリ映画を撮り上映会を開いた時のイベントタイトルが「プラス1」だった。正式には「映像通り魔プラス1」これも奇遇ですね。

 と言うことで告知は以上。今日は朝から日暮れまでプロット書き。乗って来ました。正直、青春ものが続いていたので、残酷ホラーへの切り替えには助走が中々大変だったのですが、ようやくアドレナリンが脳内に噴出してきました。「HOSTEL」より何倍も勢いのあるものを撮りたいです。
 夕方はアプレで多村プロジェクトの編集方針と今後の方針について打ち合わせ。撮ってきた映像は中々かっこいいものが撮れているので一安心。プロット提出と同時に編集に取り掛かることに

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

妻仕事 恋する日曜日

Sn340062

明後日の23時から放送の『恋する日曜日 41歳の春』に妻が出演します。

 今回は「元祖天才バカボン」のエンディングテーマ「41歳の春」をモチーフに、『ケータイ刑事』シリーズで御馴染みのレギュラーメンバーが顔を揃えた内容になっているようです。妻は金剛地さんの奥さん役。金剛地さんが歌のタイトルのバカボンパパをモチーフにしてるのあれば、妻はさしずめバカボンのママというところでしょうか・・・。イメージ的にはなんと言うか納得のキャストですね。完成品はボクもまだ観ていませんが、現場はかなり楽しかったようです。監督は『ケータイ刑事銭形零』でボクが犯人役を演じて顰蹙を買った回の山本君です。あれは山本君の監督デビュー作だったようで、まるで文士劇みたいなものを監督してもらってチーフディレクターとしてはなんとも悪いことをしたなあと思っています。まあ、これで夫婦揃って山本監督にはお世話になったことと言うか・・・・・。今回は芸達者な皆さんの出演で納得したことでしょう・・・。 妻は予告を観て綺麗に撮ってもらったと喜んでおりました。

 僕の方は休む間もなく、次回作のプロット書きに突入です。今日は松浦寿輝の『半島』と言う小説が随分ヒントになりました。導入部と展開はオーケーなんだけど、まだ最初の掴み。事件。がまだ思い浮かばず苦悩しております。具体的な変なことにどう遭遇させるか、それも無理なく突拍子もないことに突入させていくか・・・。これが難しい。簡単にやってしまうと、設定だけ新しくて、いくらでも転がっている話になってしまうし・・・。「あ、そう言う話か」と思われない食いつきが難しい。「学校の階段」は原作があったからこの食いつきは原作のままにやって、展開を自由にやればよかったけど、オリジナルはやはり難しいですね。

 夜は、無線LANのアクセスポイントの設定がうまくいかずに悪戦苦闘。困ったなあ。

 明日は夕方から「多村プロジェクト」の打ち合わせ。

| | コメント (2)

2007年3月 6日 (火)

恋する日曜日」完成

Photo_4

午前中から赤坂のスタジオで「恋する日曜日」のMA。昨日は「学校の階段」の完成お披露目で、今日は「恋する日曜日」の完成です。しかし、テレビは進行早いなあ。特にポストプロはあっと言う間に終わります。写真は主演の水沢エレナちゃん。ん?ん、これはどこかで見覚えのある場所・・・。ひょっとして、切ない恋愛物語の最中に廊下を駆け抜けていく女の子がいたのかも・・・。僕は確認できませんでしたが・・・。
 今回は「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングテーマが主題歌になっていますが、これが中々いいです。

 ところで帰ってきたらこんな記事が・・・。
http://kyusyu.nikkansports.com/baseball/professional/hawks/p-kh-tp0-20070306-165793.html
 
 僕、堀北さんのPVは撮っていません。「ケータイ刑事 THEMOVIE」のダンスシーンが混同されてしまったかな・・・。結構プレッシャーです。本当は、出来上がってから報道して欲しかったですね。しかし、こんだけ期待されると面白いもの創らんといかんと奮い立ちます。初回はまずは予算等含めて手さぐりなので、まだ予告的なものになると思いますが、徐々に展開していくつもりですので、長い目で見てください。プロ野球選手の活躍を同時に追いかけながらPV風にまとめるなんて誰もやっていないことですからね。今日は多村選手もホームラン打ったし、本当に御目出度い日でした!

 今日でとりあえず一段落。明日からプロット書きの日々が始まります。

| | コメント (3)

2007年3月 5日 (月)

『学校の階段」お披露目試写

16時から東映東京撮影所試写室で「学校の階段」のお披露目試写。15時に色味チェックで来てくれということだったのだけど、僕では専門的でわからないこともあるので、本日仕事で来られない撮影の金谷さんに相談して、照明技師の木村さんに映写状態のチェックをしてもらう。
 それにしても、初号と言うかお披露目はいつも緊張してしまう。朝からずっと落ち着かない感じ。ドキドキとした感じで、製作委員会の人たちや、映倫審査の人、それに黒川さん始めキャストの人を迎え入れる。しかし、制作会社の不備でスタッフ全員に連絡が行き渡っていなかったようで、ちょっと寂しいお披露目でもあった。こう言う仕切りは最後まで駄目でしたね。助監督とか自分が直轄するパートには連絡しても、もっと協力してもらった人たちへの感謝と言うものを制作側は示さなくてはいけない。特に、毎日のように三崎高校へ通い、アフレコにまで呼んだ生徒会の生徒とかそういった人々には連絡が入っていなかったのだろうか?

 そういった仕切りの悪さはともかく、映画の評判は中々よくって、僕が信頼している批評家や編集部の人やら、製作委員会の人たちにお褒めに預かって本当に嬉しかった。こんなに皆が喜んでくれて、微妙な空気にならなかったお披露目は「発狂する唇」以来かも。それほど、大袈裟な傑作ではないが、僕にとっては可愛い、小品佳作が出来上がったのではないかと思います。そうそう、『恋する日曜日』の水沢エレナちゃんとアミューズのマネージャーのK岡さんも観に来ていただいてこれも嬉しかったです。

 明日はその「恋する日曜日」のMA。これが終わると、怒涛の半年間4本同時進行が一息つきます。これでようやく自分の企画に集中できるかな・・・。

 

| | コメント (1)

2007年3月 4日 (日)

DVDでーた

Sn340079

午前中はプロット練り。
12時に目黒のスタジオで、DVDでーたの撮影(3月20日発売)。黒川さんを部屋に招いて100インチ対応のプロジェクターで大型画面を楽しんでもらう。と言う設定で、「ケータイ刑事 THE MOVIE」の話や「学校の階段」宣伝に向けての話をする。
 とは言うものの、話は1時間もかけず、もっぱらシチュエーションを作ってのスチール撮り。どうにも慣れていない僕は、ぎこちなく、黒川さんに笑われること多し。何か役柄与えられていればまだいいけど、自分自身のキャラとして演じるみたいなのが苦手なのかもしれない。一応僕の部屋と言う設定なのだが、本当はプロジェクター持っていないし・・・手のやり場ひとつが中々決まらないのも、僕の日常ではないからだ。途中から自分を棄てて、架空のキャラを心の中で創って演じてみる。だって、女の子を自分の部屋に呼んで一緒に映画観るとか日常ではあり得ませんもの。本当は妻もいるはずだし・・・。 それにしても、ただ線しか映っていない画面みながら笑ってくれとか、普段こんな無理なこと要求しているんだなあと、やはり自分はカメラの向こう側にいるべきだなあとしみじみ。
 

 帰ってから、次回作の参考にいくつかDVD鑑賞。

 明日はいよいよ『学校の階段』のお披露目試写を東映撮影所でやる日です。キャストやスタッフの皆と再会するのは楽しみですが、かなり緊張もしますね。

| | コメント (3)

福岡ドームのグラウンドに降り立つ

Sn340076 朝9時30分から福岡ドームの球場内へ入り、多村選手の練習風景をを撮る。今日は福岡ドームのソフトバンクホークス戦ながら、読売ジャイアンツ主催ゲームなので、中々撮るのが難しかった。いや、それだけではなく、プロ野球の練習中のグラウンドに降りて練習の邪魔にならないように報道陣に混じって撮影するのは大変だった。金谷氏が言っていた『ドキュメント』は散々撮っても使えるのはほんの僅かだから・・・と言う言葉を思い出す。で、目の前には王監督やら原監督がいて、元ベイスターズ監督の権藤さんなんかがやってきたり、緊張するやときめくやらで妙に落ち着かない。
 試合中は何も撮れないので、終了後多村選手の走るカットをいくつかイメージ風に撮ったり、インタビューを撮って、17時30分頃に全てを終了。
 慣れない仕事で楽しかったが一気に疲れが出て帰りの飛行機では殆ど寝ていた。トンボ帰りの強行軍でしたが、一生の思い出に残る撮影にもなった。

| | コメント (3)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »