« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »

2007年3月18日 - 2007年3月24日

2007年3月23日 (金)

お詫び

 24日から配信予定だった多村選手のPVですが、僕のほうの作業は終わっているのですが、使用楽曲など関係各方面の許諾関係に手間取り残念ながら明日からの配信には間に合わなさそうです。初めての試みなので、こういったことも手さぐりなのでしょう。楽しみにしていた方、いろいろメールを下さった方にはお詫びを申し上げます。作品自体は殆ど完成していますので、条件が整い次第配信されることになると思います。中々カッコイイものが出来たと思っているので、僕自身も早く配信されることを祈っております。

 明日から福岡ソフトバンクホークスも開幕ですね。いま、リビングから妻が夢中で見ている選抜甲子園の入場行進の模様が聞こえてきますが『開幕』と言うのはどこか心ときめきますね。開幕の模様を納めた多村選手の映像も明日撮りに行きます。初回の許諾関係がうまくけば2回目以降はもっとスムーズに段取りが進むと思います。

| | コメント (0)

プラス1最終日

 アップリンクXで上映されていた「プラス1」が今日で最終日ですね。利重剛監督、篠原哲雄監督、豊島圭介監督らと共にワークショップの延長上で撮ったオムニバス短編です。個人的には「法則」と言う最後に上映する映画を是非観てほしいですね。3日間エチュードを繰り返して、この3日間は溜まらなく苦痛だったわけですが、さすがに3日経つと経験がなくても能力のある役者はどんどん自然なお芝居が出来るようになるものだということがわかりました。普段の僕の映画では中々観られないナチュラルな芝居をちょっと覗きに来て欲しいものです。いつもの僕のタッチとは全然違う映画が出来たことがこれは楽しかったです。

 もしお時間あれば渋谷のアップリンクXまでおいでください。

http://www.uplink.co.jp/x/

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

先生道完成

 音楽の遠藤からクイックタイムでDVDにファイル化してくれた「先生道 大霊界先生 タンバ俺も男だ」が届く。音楽効果チェック用だ。この作品は「学校の階段」と「恋する日曜日」の間に1日で撮った5分の短編で。5月頃に放送ということで一番仕上げが後回しになっていたものだが、福永真梨佳も可愛く撮れているし、奥さんも面白いし、アプレの鴨下も頑張っているけど、秀逸なのは最近CMで話題のこの人Cm_01

http://www.intel.co.jp/jp/intel/promotions/ads.htm

 少年と入れ替わる黒人の役者さんが出ているんですけど中々いい味出してます。彼はデービッドさんと言うギニアと日本のハーフのモデルの方でしたがもう20年以上日本に住んでいるので日本人より日本語丁寧で綺麗でした。「先生道」はお寺の中の謎の黒人って構図が中々面白かった。

 しかし遠藤の音楽はこんな短い仕事でもきっちりこなしくてくれるのが有難い。

 これで一つまた仕事が片付きました・・・。

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水)

PV

 昨日のプラス1上映会はそれなりに人が入って、数年前に同じアップリンクでもファクトリーの方で封切った友人の映画のゲストトークの時は夜の回で4,5人しかいなかったので、それに比べると随分とこの上映回は人が入っているようだ。もともと、ワークショップで創った習作なのですが、観た人たちの評判が大変好評と言う意外な(?)結果になって、これは嬉しい誤算でした。映画自体は今週いっぱい上映してますので、よろしくお願いします。

 今週は、24,25日にパリーグが開幕するので九州までソフトバンクホークスの開幕戦を追いかけて多村選手のPVの取材を敢行する予定で、それ以降も週末特に土日は多村選手を追いかけての取材をするつもりです。24,25で開幕のインタビュー。31日と1日は千葉マリン遠征、7,8日は再び福岡なので、この時もなんらかのオフショット映像など撮るかもしれませんが、1日撮って使える素材がほんの1,2分と言うのがドキュメンタリーなので、できるだけ素材は欲しいなあと思いますが、何せ本番中の現場に突入して取材するようなものなので、粘りと根性が必要だと言うことがよくわかりました。

 スポーツ選手のPVは今度が初めての試みということで、新聞の記事にもしていただきましたが、今後もこうした選手一人一人のPV映像を創って、野球をあまり観た事がない人たちにもアピールしていくことができれば、プロ野球人気の復興にも繋がる可能性はあると思います。今回は、僕が個人的に多村選手の事務所と一緒に創っていますが、横浜ベイスターズなどは球団の親会社にこうした映像コンテンツを創るノウハウがあると思うので、スポーツバラエティの延長ではなく、音楽や映像とうまくメディアミックスして、プロ野球のイメージをどんどん新しい世代に受け入れられるようにアピールしていくことも必要なんじゃないかと思います。ビールに枝豆とテレビの巨人戦ナイターと言う「お父さんの娯楽」でははもうなくなってしまったはずですが、そのイメージは若い世代を中心に色濃く残っているかもしれません。そういったイメージを払拭して、新しいファン獲得に自分らのようなプロ野球好きの映像のプロが携われるなら、それはそれで意味があることなのではないかと思う次第です。

 

 

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

告知 本日

 渋谷のアップリンクXで、「プラス1」上映終了後にトークをやります。今回の映画にまつわる話を含めていろいろ話しますのでよろしく。

 来月は月初めに某映画のゲストトーク、12日は「学校の階段」試写とか勿論28初日トークもあって、トーク月刊になりそうですね。

 

| | コメント (1)

2007年3月19日 (月)

ソフトバンクホークス多村選手PV 編集上がり

  朝一でようやく書きあがったプロットをメールで送り、その足で朝からソフトバンクホークスの多村選手のPV本編集。野球選手のPVをどう捉えていくのか、まだ手さぐり状態なんだが、1回目の予告的なものとしては中々カッコイイものができたんじゃないだろうか?いつも編集の大永君がやっている音楽シーンのセオリーを今回も踏襲したんだけど、編集の同じ方法論で女の子だけじゃなくてスポーツ選手も「カッコヨク」撮れることがわかった。うんうん。HIPHOPの曲はバスケだけじゃなくてスポーツには合いますね。後半のインタビューちょっと長いかもしれませんが、僕は多村選手の「走る姿」とてもカッコイイと思っていたので、多村仁にとっての「走りへの拘り」を聞いたら、そこから多村選手が独自の野球論を展開してくれて、『走、攻、守』全てが一つに繋がっていく話だったのでそのまま残してあります。野球が本当に好きな人、これから野球をやろうと思う子供たちにも必見だと思います。

 インタビューしてて思ったのは、実に頭のいい選手だと言うことです。こちら側の一つの質問から見事に論理的に話を進めてくれたのは頭の回転がいい証拠。24日から

http://www.6tools.jp/

 こちらのサイトで見られるようになると思いますのでヨロシクお願いします。

 キワードは「目線」ですね。 写真オフショットの多村選手。Sn340072

| | コメント (0)

« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »