« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月17日 - 2007年6月23日

2007年6月22日 (金)

ワークショップ1日目

 今日から俳優事務所「アプレ」のワークショップ&ショートフィルム創り。その1日目。毎年1回はやっているもので、今回は今書いているプロットに即して「虐め」をテーマに入れてやっていく予定。本日は、大体の構成を2人組になった役者と個別に話して芝居の方向性を決めていったのだが、中々面白かった。やはり『虐め』と言うものがテーマになると皆が饒舌になって、それぞれ思うのところもあるのだろうが、ディスカッションがいつも以上に円滑に進んだ。これで明日からの芝居が楽しみだし、今考えている企画の参考にもかなりなりそうだ。基本的には「娯楽映画」を目指すところが、ワークショップとは違うが、「今自分に関係ないものには興味を示さない」観客層をいかに取り込んでいけるが、しかもそれが単に小手先のものではなく、地に足のついたものにしていく為には、どう取り組んでいくのか?その為にもいろいろ模索していく必要があるので、それがこうしたワークショップを通じて脚本作りに反映されれば、自分の仕事がバラバラなものではなく、ある一貫性を持っていけるのではないかと期待している。

 今回は少数精鋭で結構大変な部分もあるが明日と明後日の芝居作りに期待はしています。

 夕食後は「銭形海」の編集上がりを観ながら修正箇所を書き出していく。結構纏めてくれてはいるが、もう少し芝居の間合いをつけて、尺調整では大きくバッサリ落とすことに決める。芝居の間合いの編集と言うのは前も書いたけど、短くカッティングしていくからテンポが出るのではなく、緩急をうまく使わなくては行けない。でも、カメラの矢崎君が頑張ってくれたおかげで中々綺麗な映像が撮れていたのでちょっとほっとしている。あとは、今回拘る視線劇としての活劇をどこまでやり切れるかが僕の演出的なテーマなので、そのダイナミズムを1,2フレの限界値で拘って行こうと思う。特に「銭形海」は2回目なので、初回の小中さんが打ち上げたロケットをうまく軌道に乗せていく役目なので頑張らなくては・・・。

 

| | コメント (0)

2007年6月20日 (水)

只今帰宅

 午前中はソフトバンクホークスの多村選手のPVインタビュー撮り。自宅から、宿舎のホテルまでの車の中でのインタビュー。球場でユニフォームを着たときよりずっと砕けた話で、役30分間多いに盛り上がる。プロ野球選手と野球談義ができるなんて夢でしたよ。本当に。
 これで、約1日半の撮影は終了。7,8月配信分まではなんとかなりそうだ。

 帰って、気持ちを入れなおしてプロット書きに戻らねば。

| | コメント (0)

多村選手PV撮影

14時に関内でスタッフと待ち合わせして、横浜スタジアムで多村選手PV撮影。今日はうちの奥さんがインタビュアですた。横浜スタジアムには行き慣れているけど、グラウンドに降りて撮影と言うのは、ホークスの本拠地福岡ドームとはまた違った格別の感慨がある。
 ところで僕は横浜ベイスターズのファンでもあるわけですが、今日はまじでホークス応援しちゃいましたね。しかし、結果はベイスターズの、それも吉見の完封と言う散々な結果に。試合前にインタビューとっておいてよかった。
 インタビューの中で多村選手は「対戦したい、一番の投手は吉見。理由は家が近いから(笑)ってわけじゃないけど、本来はエース級のピッチングして欲しい投手だから」と言う事でしたが、この日は練習中から「打撃の調子があまりよくない」と言っていました。
 明日も朝から車内インタビューです。
 明日は、多村選手のトレード相手の寺原投手がマウンドへ上がる予定。前回の雪辱を果たして、なんとかレフトスタンドにホームランを叩き込んで貰いたいものであります。

| | コメント (0)

2007年6月19日 (火)

クランクアップ

今日にて「ケータイ刑事銭形海」2話のクランクアップ。今回は長かったなあ。撮影日程が飛び飛びだっただけなんだけど、それでも考える時間が多くあったのはよかった。
 今日はとにかく全カット視線劇に拘って演出。昨夜は寝る前に成瀬「女の中にいる他人」を参考に観たりしたせいもあってか、かなり渋いけどサスペンスフルな視線劇に挑めたのではないかと思う。ただ、この演出地味なんだよなあ。前にも書いたけど、以前はケータイ刑事を撮る時は「如何に楽しんでいただけましたでしょうか?」と言うコテコテにサービス精神で、結構ギミックな撮り方もしていたのだけど、今回はとにかく丁寧にオーソドックスに、それでいてミステリの中の視線劇と言うことに拘って演出してみたので、それがどうなっているかとても楽しみだ。まあ、基本はトンデモ推理ものなのだけど、今回はそれをいかにリアルにやってみるのか?「女の中にいる他人」ほど陰鬱なものにはなっていませんが、それでもかなり緊張感はあると思う。

 と言うわけで帰ってきたらHDDレコーダーのハードディスクが飛んだ様子で、明日の多村選手PVの段取りもきちんと出来ていないようだし、なんかどっと疲れが出た。

| | コメント (0)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »