« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007年9月16日 - 2007年9月22日

2007年9月20日 (木)

告知

学校の階段 スペシャル・エディション (初回限定生産 スペシャル・フォトブック付) DVD 学校の階段 スペシャル・エディション (初回限定生産 スペシャル・フォトブック付)

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

忘れないうちに最初の告知をしておこう。

皆さん11月11日は「学校の階段」DVD発売記念イベントが秋葉原であるようです。僕も呼ばれたってことは、当然主役のうちの誰かも来るってことで。まさか麻生候補みたいに男の僕1人でイベントをアキバでやるはずもないでしょうから。とりあえず11月11日のお昼頃は開けて置いてくださいませ。正式にいろいろ決まればまた告知していきます!

| | コメント (0)

銭形海セカンドシリーズ4話 クランクイン

明日から銭形海のクランクインで、割り本をドリマックスに届けに行きつつ、Bsiで別の回の脚本打ち合わせ。これは脚本のみ担当です。Bsには草刈さんが映画の宣伝で来ていて久々の再会を喜ぶ。いつ会っても爽やかですね。89年に最初に会った頃より爽やかな印象です最近の草刈さんは。

 帰ってから髪を切りに行って、身も心も清める感じに・・・。3ヶ月ぶりのケータイ刑事だが、今回はドラマ部分が事実上タイトになってしまったので、再度カットの数を減らすべき苦慮。それもこれもあのシーンに時間と金がかかってしまうからですね。前回は視線劇で乗り切ったけど、今回はキャスティングもキャスティングなので動きをいろいろ考えるが難しい。結局極めてオーソドックスな割を考える。
 明日乗り切れば大分楽なんだけど・・・。

 ケータイ刑事で一番難しいのは脚本書いていてもそうなんだけど、捕り物~謎解きのクライマックス部分ではなく、海が気が付く「寄せる悪のさざなみ」と「謎は解けたよワトソン君」の謎が解けたであろうことを映像で観客にも判らせる様に表現する場面。台詞で説明するのではなく、映像で見せる努力をしなくてはいけないのだが、そこが難しい。零や泪の時はもっと無邪気に撮っていたような気もするが・・・。明日は「謎は解けたよ」も「寄せる」も両方あるんですよ。

 たーすーけーてー海ちゃん♪

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

川崎の焼肉とダンスレッスン

 昨日も今日も朝早くから起きて脚本書き。昨日の夜は、妻の家族と川崎の東天閣と言う焼肉レストランで食事会。東天閣は川崎焼肉ロードにある老舗のチェーン店。それだけに肉の質も厚さもハンパなくて美味い!それでいて安い。

 今朝も、敬老の日なので昼間にスパに行こうと言う誘いが入るが、僕は脚本書きと21日からクランクインする回のカット割をやらなくてはいけないので遠慮し、妻だけ行って貰う。今日は世間は連休なのだな。妻の父は耳が段々遠くなって口数も減ってきているが僕は大好きなのでできるだけ俳句の話とか、若い人達が話さない話題をするようにしているんだけど、今日はご一緒できなくて残念。

 午後一に帰宅した妻と入れ替わるように僕は、午後から学芸大学のダンスレッスン場へ行って振り付けの打ち合わせと、最初の振りを見せてもらいながら多少の注文を出して修正してもらう。このレッスン場はパパイヤ鈴木さんの「プランチャイム」と言う事務所の練習スタジオ。ここには堀北真希も黒川芽以も通っていたところで、いつもは助監督が彼女らの練習風景をビデオに撮ってきてくれていたので、ビデオの画面ではいつも見ていたが直接足を運ぶのは初めてでちょっと感慨深いものがあった。今回は、メインスタッフキャストが本編の撮影で出払っているので、先生のダンス見本を自らビデオを撮影して持ち帰り、DVDにダビング。これで先週から苦労してダビングしていたインド映画の勉強の成果が出せるかな?とりあえず、まだこのシーンの演出プランの前にやらなくてはいけないことが山積みなので、明日は朝から脚本の推敲をやって、関係各位に送り、昼はロケハン予定。

 それにしても暑い!まだまだ真夏の暑さでそろそろばてるかなとも思うが、今は重なる仕事に集中しているので大丈夫かな?銭形海の僕の撮影が終わったらすぐに2日ほど北海道へ帰らなくてはいけないが、その頃の体調に備えねば・・・。来月は、久しぶりにBsiをはなれて男性アイドル映画と言う未知の領域の仕事に挑戦ですから。殆ど女の子のアイドルしか撮った事のない僕で大丈夫かなあ。またすぐに銭形ユニットには戻ってきたいですが・・・。

| | コメント (0)

2007年9月16日 (日)

自宅作業と葬儀の日々

 最近は夜明けと共に起き出して、脚本書き、煮詰まってきたら4話のカット割りという具合なのですが、加藤淳也の脚本に線引きしていると、そのまま脚本の方の勉強にもなるということに気が付くが、同じケータイ刑事でも前回書いた雷と海ではキャラクターにはっきりとした違いあるので、ちょっと忙しすぎではあるがタイミング的には悪くなかったかも・・・。

 その間に不動産屋さんでマンションの更新手続きもしたり、夕方からは喪服に着替えて親戚のお通夜。猛暑の時期に引いていた風邪の時に通っていた病院の院長の奥さんが亡くなられたのだ。1ヶ月ほど前に病院に行った時は元気で受付に座っていたので、なんとも言えない気持ちになる。

 ところで、川崎に引っ越してきて何度か葬儀に出たけど、お通夜の後の通夜振る舞いが気前がいい。東京都心の葬儀は大概が焼香のみだったりしたこと多いけど、川崎では焼香の後に必ず立食の「お清め」と言う通夜振る舞いが行われて、お坊さんのお経の最中でも帰り際には必ずこの通夜振る舞いを食べて帰ることになる。北海道では、お寺や斎場でお通夜のとき、必ず列席者全員で坊さんのお経を最後まで聞いて、ついでにお説教なんかも聞いて、通夜振る舞いはようやくその後でという感じだ・・・。

 夜はインド映画のHDDダビングをようやく終わる。3年かかってチョイスしたものを打ち合わせまでに間に合わせる為に、3日間でやり直したのは大変くたびれた。でも、どうしても見つからない作品が何本かあって、数年前にダビングの後で誰かに差し上げてしまったような気がするが、誰だか忘れてしまった。もし、僕にインド映画の輸入DVDを貰った記憶がある人はメールで連絡ください。もう一度ダビングしなおしたら返却します。

| | コメント (0)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »