« 2007年11月4日 - 2007年11月10日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »

2007年11月11日 - 2007年11月17日

2007年11月15日 (木)

アトリのバターカステラ

 Sn340144  

朝から緑山スタジオの編集室で「銭形海」の本編集。前述の通りWebでデーターのやりとりをしていたせいで、短時間で終了。その後、昼過ぎから散歩がてらに「こどもの国」まで歩いて、「アトリ」と言うケーキ屋さんを探しに行く。実は、昨夜TVKの「ベイスターズクラブ」の中で紹介されていたケーキ屋さんだ。横浜ベイスターズに大田阿斗里投手(18)(186センチ、91キロ、右投げ、右打ち)と言う今年のドラフトで入った選手がいて、その名前が一緒なことから紹介されていたのだ。で、たまたま今日緑山スタジオに行くことになっていたので、足を伸ばしてみようと言うことになったわけです。編集の大塚さんや助手の村松さんに場所を聞くと、結構有名なケーキ屋さんらしくって、緑山で誰かお祝いがあると必ず頼むケーキ屋さんだということ。本店は長津田にあり、「こどもの国」のお店は支店らしい。

 と言う訳で昼食後、のんびり歩いたのだけど、これが結構な長さの道のりだった。おかげで、歩いたことのない町を散歩できて、小春日和だったせいもあって中々楽しかった。

 お店の方はすっかり新興住宅地になった中にあって、明るい雰囲気。で、「ベイスターズクラブ観ました」と言うと割引になりますと番組内で告知があったので、ちょっと気恥ずかしく「ベイスターズクラブ見たのですが」と小声で告げて確りと割引してもらって、「よこはまバターカステラ」を購入し、初めて乗る可愛い「こどもの国線」と言う2両編成の電車に乗って帰ってきた。

 「よこはまバターカステラ」の方は文明堂」や「中村屋」のカステラの半分の大きさで同じくらいの値段なので、多少割高感はあるが、ギュッと中身が詰まった食感で濃厚な味わいが絶妙。あんまりカステラ好きじゃないという妻も「美味しい」と食べていた。

 ベイスターズの「アトリ」も、早く成長して1軍で投げられるスター選手となって、このお菓子屋さんにいい想い出を与えてあげられるといいなと思いました。頼むよ、本当に。

| | コメント (0)

明治神宮野球大会決勝

Sn340142  朝から妻と野球デート。妻が熱狂的な高校野球ファンでしかも横浜高校ファンなので、僕はどちらかと言うと付き添いの感じ。相手は甲子園春の選抜優勝高校の常葉菊川高校(静岡)。これは、中々面白い試合だった。8回まで投手戦。お互い4安打1失点くらいできていたのが、8回裏と9回表に点を取り合って1点差で辛くも常葉菊川が逃げ切るという展開。前半~中盤のレベルの高い投手戦から、ちょっと投手のスタミナが切れて制球が乱れるとお互いに畳み込むような打撃戦に変わると言うまさに野球の醍醐味を満喫した試合だった。両校共に来年の春の選抜出場はほぼ決定だろうから、このまま無事に成長していけばかなり楽しみな2チームと言うことになる。

 午後からは、大学の部で東洋大対早稲田を観戦。早稲田はマスコミを騒がせたハンカチ王子こと斉藤が登板し、東洋大は今年のドラフトナンバーワン候補大場が登板。こちらも5回までお互いに1安打無失点に抑える投手戦。僕らはもともと高校の部だけを見るつもりだったが、大学の方も大場対斉藤と言う好投手の投げあいを見たくてそのまま観戦。こちらも見応えのある試合だった。

 帰ってきたら、昨夜修正をお願いした「銭形海」の編集ラッシュがWEBで閲覧できるようになっていたので確認。殆ど修正の必要性なし。尺調もほぼオーケーで明日の作業が楽になる。

 夜は近くの焼き鳥屋で妻と夕食を楽しみ帰宅後、『映画秘宝』のオールタイムベストテンを書く。こちらも明日が締め切りだった。

 

 

| | コメント (1)

2007年11月14日 (水)

打ち合わせ

今日も朝から一所懸命働く。赤坂をあっちへ行ったりこっちへ行ったり、脚本打ち合わせと効果打ち合わせをそれぞれ。「トリコン!!!」の方はこれで後はダビング作業を待つだけになった。音楽の感触がいいので楽しみだ。夕方帰宅してからは銭形海の編集準備。Web上にアップされた映像をダウンロードして編集プランを練り、編集箇所を書き出してメールで編集部に送る。これで15日の作業が圧縮できる。悩むべきところはまた悩めばいいし。

 くたびれたら「トリコン!!!」のデモ曲を聞くようにしている。これが中々いいんですよ。70年代~80年代前半のアコースティックな和製ロックの雰囲気が出ていて素晴らしい。いまは打ち込みのデモ曲だけど、これを生バンドで演奏してくれるかと思うと今からわくわくする。

 今まで僕が撮った映画のどれにも似ていないと思いますよ。なんせ、男性アイドル映画ですものねえ。

 明日は公式行事がないので、ちょっと休憩。神宮球場へ「明治神宮野球大会高校決勝」を観にいって来ます。

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

訃報二題

 紫垣達郎氏と草薙幸二郎氏が相次いで亡くなられた。紫垣さんはセントラルアーツのプロデューサーで、代表作は松田優作の数々の東映セントラルフィルムの映画だろうか。「最も危険な遊戯」から「野獣死すべし」まで、その後は「ビーバップハイスクール」と言えば紫垣さんだった。僕は個人的に面識があって、実は紫垣さんは世田谷区のとある場所の地主さんで、不動産屋さんも「紫垣さんの紹介なら保証人なしで」と入居させてくれたので、随分と助かったことがあった。助監督時代だったので、助監督のような職業の人間が東京で部屋を借りるのはバブルで家賃が高騰してた時代と言うこともあって中々大変だったのだ。

 残念ながら監督になってからはセントラルアーツで1本だけ撮らせてもらった「GO CRAZY」と言う東映Vシネマの製作の時にセントラルアーツの事務所で顔を合わせるだけで、一緒に仕事をする機会はなかった。

 草薙さんは、その紫垣さんがプロデュースしたセントラルの映画の数々に出演していたバイプレーヤーだ。勿論日活映画頃から出演作は数限りなく、アクション映画~ロマンポルノの時代まで数多く出演している。僕は長崎俊一監督の作品でご一緒させてもらったことがあった。

 70年代後半~80年代の日本映画を代表する映画に関わっていた方たちだ。ご冥福を祈ると同時に、我々も頑張らなくてはいけないなと改めて思った。

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

学校の階段 DVD発売記念イベント

 Sn340140

 朝から秋葉原の石丸電気で「学校の階段」DVDイベント。9時30分に助監督の宮崎と待ち合わせして石丸電気へ。秋葉原もやはり変わったなあと再確認。駅前は綺麗になりましたよね。

 イベント会場の楽屋に着くと、もう黒川さんは1時間以上も前に来てサインを書いていました。この日は、雨模様でどうなるか心配だったけど「私のファンは雨なんか関係なく来ます!」と芽以ちゃんの心強い一言。打ち合わせはかなり適当にやって、とにかく楽しいトークをしましょうと言う事になる。こう言うイベントの参加は初めてですね。劇場での舞台挨拶とはまた違った雰囲気で、映画の話も尽きているので、とにかく黒川芽以の太鼓持ちに徹しようと、舞台に上がってから「黒川芽以のちょっといい話」をしてみたが、時間が短くてもっと「いい話」はあるのにタイムアウト。助監督宮崎はこう言うイベント初参加だったが、ジャンケンに参加したり楽しそうだったのでよかった。

 今日は、時間がないのにイベント梯子なので、イベント中にアドレナリンを集中させ、後は慌しい移動また移動。二箇所目の「ソフマップ」は、黒川さんを15時40分の新幹線に乗せなくてはいけないために時間ばかりが気になるイベントとなり、フリートークは禁じられる。イベント終了後は黒川さんも楽しかったようで本当に良かった。僕も壇上は楽しかったです。来年も一緒に仕事しましょうと約束。帰りは角川のIさんと30分ほどお茶をして、秋葉原を一人でぶらつく暇もなく帰宅。Iさんとは、会場とはまた打って変わって日本映画の現状についてシビアにしかし前向きに語る。これも短いながら楽しかった。

 帰宅後、「トリコン!!!」のダビングに向けた効果音のアイディアをファイルに纏めるのに集中する。

 「トリコン!!!」はくだらないけど、思った以上に?面白い映画になりそう。

 

| | コメント (11)

« 2007年11月4日 - 2007年11月10日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »