« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »

2007年1月28日 - 2007年2月3日

2007年2月 3日 (土)

節分

 昼はBsアカデミーの卒業式に立ちあい、そのまま『恋する日曜日ー卒業』の主役女の子と顔合わせ。さすがに丹羽さんがイチオシする子だけあって、美しいですね。主役顔してます。未経験なので月曜から妻と一緒に特訓開始です。或る大手事務所が次世代のスター候補して大々的に売り出す予定だそうです。10代の女の子新人育成夫婦になってますな。その妻も、今日、明日とまた別の事務所のティーンのレッスンに。二人共にBsiでは主役やっている娘たちです。

| | コメント (0)

2月2日 THE HILLS HAVE EYES

Thehillshaveeyes1 昼過ぎに原宿で「大霊界先生」のテープの受け渡し。これも日曜に大永氏の部屋で編集です。本当はこの後、足立区まで奥さんが出ている『恋する日曜日』のロケ現場に行ってみようかなと思っていたのだが、昨日の徹夜の後遺症で頭痛が酷いのでそのまま引き返す。また昼寝ると調子を崩しそうなので、『学校の階段』のナレーション原稿を書く。これもそんなに時間がかかる作業ではなかったので、アメリカから取り寄せていた「THE HILLS HAVE EYES」のDVDを観る事にする。
 
 ご存知の方も多いと思うがこれは80年代に公開された「サランドラ」のリメイク版だ。残念ながら僕は20年前に公開されたオリジナル版を観ていないので過去の作品との比較はできないが、このリメイクはかなり力ある映画だった。冒頭の核実験映像と当時のCMが流されるオープニングはどこか、「スポンティニアスコンバッション」を思わせる。この監督の前作「ハイテンション」は観ていないが、バイオレンス映像のオンパレードは「HOSTEL」より過激だ。ただ、アクションシーンになるとかなり不自然なコマ落としを多用していて非常に格好悪い。さらに、誰かが死ぬと物悲しいセンチメンタルな曲が流れたりして感情移入を図ろうとするのもダサいと言うか品がなかった。映画全体の時間の使い方だとか空間の切り取り方だとか、脚本の構成は間違っていないのに、最後に監督が作家の印をつけたような表現だけが映画から品格を失ってしまっている。ようするに潔よくないのだ。ちょっと勿体無いという感じ。

 夜は「卒業 春の嘘」(仮題)の脚本の修正案を読む。これもデイオープン多いので撮りきれるかどうか心配。

| | コメント (1)

2007年2月 1日 (木)

「学校の階段」 カラコレ

 映像段階での最終仕上げカラコレ(カラーコレクション)をアクティブシネマで。これは、作品のトーンを決定付ける重要な作業でフィルムの時はタイミングと呼ばれます。撮影の金谷氏はワンカットごとに全て色を加工していくので時間はかかるけど、中々の仕上がりになった。特に黒川芽以が歌う音楽シーンは素晴らしい。PV4本と映画1本を仕上げたのと同じ労力だったので、結局作業は朝までかかり、帰ってきたら7時だった。妻は、今日から「恋する日曜日」でメインの役なので朝早くから出かけていき、丁度行き違いだった。

 とにかく『学校の階段』は画に関しては全て終了。出来はかなりよさ気なので宣伝を確りやっていろいろな人に観て欲しいです。

と言う訳で徹夜に弱い僕にとっては一日ぼーっとした日であった

| | コメント (2)

2007年1月31日 (水)

「学校の階段」 オンライン編集

 10時にアクティブに集合してオンライン編集。
が、CGが間に合わず延々待ちとなる。ようやく到着したのが17時。昔は本編と言うと、タイムコードを読んでワンカットづつ繋いでいったものであるが、デジタル編集になってからはもうオフラインのデーター通りに完璧に画が組みあがっているので、CGが前の日までに入っていればオンタイムで終わりになるようなものなのだ。なので、10時に入ってCG以外の字幕スーパーなどの箇所を確認したら、あとは7時間近く歓談タイムとなってしまう。
 ようやく17時にCGが届いて、取り込み開始。確認し始めたのは19時を過ぎていた。21時頃から、スポンサーサイドにも確認してもらって23時に編集室を出る。しかし、編集室では実に不健康な食生活なので、また太らないかどうか心配。つい、油こいものを食べたり、お腹がいっぱいでも差し入れを口にしてしまうんだよなあ。
 2月は既に1日も休みがないので、ジムに行くこともできず。自己管理を確りやらねば。

| | コメント (2)

2007年1月30日 (火)

撮影

Sn340060 今日はBsi短編映画の撮影

 主演は福永真梨佳ちゃん。この娘はいいですよ。10月に初めて会った時に絶対に使いたい!と丹羽さんに願い出て使わせていただいた金の卵です。今回はタンバ(丹波哲郎)の化身で亀の精と言うハチャメチャな役どころを実に可憐に演じております。
 撮影の方は心配した雨にも降られる事なく、午後の森の中での出会い~ラストの追いかけは美しい木漏れ日の中で撮る事もできました。少ないスタッフでしたが、実に澱みない撮影で日が暮れるまでには無事に終了。綺麗な短編が出来そうです。
 
 明日はいよいよ「学校の階段」の本編でCGの入れ込みです。

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

脚本読み 衣装合わせ

 明日撮影のBsiの短編「大霊界先生 タンバ俺も男だ」の衣装合わせと脚本読み。主演は某事務所の女の子なんだけど、美人マネージャーのワッキーはケータイ刑事シリーズでも一緒だった人、若いのに非常にきちんとしていて、こっちも気持ちいい仕事ができます。可愛いけど、U高柔道部出身と言う猛者でもあります。Uは甲子園でも有名なスポーツ高校なので、これは本当に強いんだろう。 元ヤクルトで今年からタンパベイデビルレイズの岩村の出身校であります・
 ただ明日は天気が心配なんだよなあ。ずっと雨なんか降っていなかったのにわざわざ1日しかない撮影の日に雨なんか降るなよ・・・。

 「学校の階段」CGはいよいよ大詰め。微妙な細部での調整してもらっています。

| | コメント (1)

« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »