« 初日 | トップページ | 峰岸徹さんとラジオ »

2008年2月11日 (月)

鎌倉の会

 小説家の保坂和志氏らと鎌倉の伊藤さんの家にあつまり、毎年恒例ベイスターズファンの集い。ここには、ベイスターズファンが集まってその年のキャンプ地情報なんかを交換しあったりしてきたものだったが、もうここ数年は単なる三浦半島の美味しいものをたらふく食べる会へと変貌している。

080210_153701 080210_184701           

 この日も、数年前まで湘南で魚屋を営んでいた筑摩さんが鮮魚を持ち込んでその場でさばいてくれると言うパフォーマンス入りの食事。写真は「サヨリ」をさばいているところと、絶品自家製「カラスミ」。刺身は全て三浦半島で獲れる近海もの。魚も美味しいけど、付け合わせに出してくれる「青のり」や「メカブ」などの海藻が実にうまい。あまりにうますぎて最後の「スズキ」にまで至らなかったのが残念。しかし、もう、どの料理も死ぬほど美味かった。このカラスミは本当に美味しかった。

 ところで、この日は「御成り通り」を歩いて、樽酒を瓶詰販売している酒屋で酒を買って持ち込んだんだけど、観光客が押し寄せる「小町通り」より、凝った古い店が軒を並べる「御成り通り」の方が鎌倉は絶対に楽しいです。鎌倉在住だった保坂氏に言わせるとこの「御成り通り」も随分と店が変わってしまったとのこと。それでも、通りの外れにある子供用の古い玩具を置いてある「紙屋」(ここで100枚入りの小さなビニール袋を320円で購入)や、こうした酒屋などが楽しい。

 と言うわけで、昼の2時から日本酒をたっぷり呑んだ僕は途中何度か居眠りしたりしながら夜の9時ころまで呑んだり食べたり。帰りの鎌倉の空は星が美しくって本当に奇麗だった。

 しかし、今朝起きた時は二日酔いしていないのは「スピルリナ」と言うサプリを大量に飲んで寝たからかな。

|

« 初日 | トップページ | 峰岸徹さんとラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初日 | トップページ | 峰岸徹さんとラジオ »