« 社会派拷問映画の傑作 「連合赤軍 あさま山荘への道」 | トップページ | 新企画打ち合わせと「アイム・ノット・ゼア」 »

2008年4月29日 (火)

ロケハン&レッスン

 午後から東京の西の彼方へ学校のロケハン。同じ場所でやはり別の回の「東京少女」を安里がロケしていたが、目線で挨拶しかできなかった。学校の階段の近くで安里がモニター前にいると「学校の階段」の現場を思い出してしまう。今回、チーフ助監督をやってくれる松田君はもう何本も連続ドラマのチーフディレクターをやっているベテランの人だが、映画やドラマへの想いを熱く語ってくれる人で、帰り40分ほどかかって都心へ戻ってくる間二人で休みなく映画、テレビの現場のあり方の違いや芝居の話などをする。これが楽しい時間であっという間に過ぎた。いい出会いです。
 夜からは都内の某所へ移動し、妻と合流して主役のレッスン。またまた素晴らしい少女との出会いだ。彼女は華があって素直で勘も良く何より可愛い。丹羽さんの慧眼には改めて感服。彼女の最初の主演作品を撮ることが出来ることは、きっと将来的に誇りに出来る思い出になるのではないか?いやなってほしいと願います。今日からクランクインまで間髪開けずにレッスンが始まります。

 で、明日はまた次の次の映画の脚本打ち合わせです。

|

« 社会派拷問映画の傑作 「連合赤軍 あさま山荘への道」 | トップページ | 新企画打ち合わせと「アイム・ノット・ゼア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会派拷問映画の傑作 「連合赤軍 あさま山荘への道」 | トップページ | 新企画打ち合わせと「アイム・ノット・ゼア」 »