« 女子大生会計士の事件簿7話 | トップページ | 緊張 »

2008年11月23日 (日)

PCクラッシュとベイスターズ2軍ファン感謝祭

 一昨日、デスク周りの家具を新調して必死で模様替えしたらその翌日から買って数週間のハイスペックマシーンのPCがクラッシュ。朝から大いに落ち込む。まあ、ハイスペでも自作PCの運命でしょうね。こういうクラッシュは。いずれ早めにメンテナンス出そうと思っていたので、いい機会かと諦め、いつもお世話になっている「竜屋」と言うPC修理とデーターサルベージ専門会社に入院させることにする。以前も、このお店にはお世話になっていて単に故障箇所だけではなく、間違った自作組み上げによってスペックを最大限に発揮できない箇所を組み上げなおしてパフォーマンスが大幅に改善されたことがあったので、信頼している。自作PCと言うのは、安くていろいろ詰め込んであっていいんだけど、こう言ったメンテナンス部分に関しては諦めなくてはいけないですからね。それはショップブランドで買っても一緒。でも、いまやデスクトップパソコンなんてのは一般の人はあんまり買わないだろうから、いらないソフトが山のように着いて来てしまうメーカーパソコン買うよりはこういう手間をかけて組みなおしてハイスペックマシーンを買ってもコストパフォーマンスは断然いい。

 と言うわけで、早々にパソコンを送る手配をして横須賀までベイスターズ2軍の感謝祭へ出かけていく。本当は23日がベイスターズ感謝祭なんだけど、僕は今日一日考えなくてはいけないことがあるので1日前倒しで2軍の感謝祭へ出かけていく。それに今日はいい夫婦の日。妻は僕よりも若い青い選手を見るのが好きなので、この日を楽しみにしていたから夫婦でのんびりと横須賀まで遊びに行くつもりで出かける。予報よりは全然暖かく、気持ちのいい日だった。ベイスターズ2軍の本拠地追浜には以前はよく来ていたけど、実はもう数年ぶり。長浦の練習場の方は何回か行っていたこともあるんですけどね。駅前から球場までの道のりは約10分ほど。しかし、この追浜と言う町ももう10数年店とか変わっていない。古くもなっていなければ新しくなってもいない。球場のそばに大きなマンションが出来た以外は昭和の面影を残す町並みがいまでも続いていて、ここだけ時間が止まっている。バブルも好景気も株安の大不景気もこの町にはあまり影響してなさそうにも見える。

 感謝祭そのものは田舎の学校の学園祭みたいな感じで華やかさもなかったけど、のんびりと選手を近くで見るのはいいかもしれない。今年引退した川村投手と鈴木選手のソフトボール対決とか観るのは楽しかった。でもね、染田と言う4年前にドラフト上位で入ってきた投手が4年間殆ど2軍でしか投げずに引退していく姿も見たんだけど、寂しいものがありましたね。

 帰ってからは竜屋の人ともう一回連絡を取る。一応、購入してからダウンロードしたソフトを出来るだけ書き出してくれとのこと。僕はレジストリ改善ソフトまで使って、完全に自分使用にカスタマイズしてあるから、それがわからないと対処のしかたが全然変わってくる。つまりメーカーPCじゃないPCってのは一台一台が全く違うものに成り果てているので、マニュアルと言うものは存在しないことになるので、自分でマニュアルを作ってメンテナンス会社に渡さなくてはいけないのですね。

 ちなみにとても誠実なPCメンテナンスの会社「竜屋」さんのURLを貼っておきます。メーカーPCでも、メーカーにメンテナンス依頼してもハードディスクや部品をそのまま交換してPC初期化してしまうから、データーを残したままでパソコンを修理したいと言う人は多少予算はかかりますがこうしたサルベージ会社を使った方が楽だと思いますね。

http://www.ryoya.net/

|

« 女子大生会計士の事件簿7話 | トップページ | 緊張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子大生会計士の事件簿7話 | トップページ | 緊張 »