« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »

2008年6月1日 - 2008年6月7日

2008年6月 7日 (土)

「東京少女 桜庭ななみ編第1話」 オンエア

本日の23時~Bsiにて僕の最新作「東京少女 桜庭ななみ編」がオンエアされます。僕は本日放送の1話目を撮りました。お時間があればぜひとも、初々しいななみちゃんの可愛い姿をどうぞご覧になってください。

| | コメント (1)

風間杜夫ひとり芝居鑑賞

 午前中は「トリコンリターンズ(仮題)」の編集について、アップ段階で指示できる部分をまとめて編集部にメールを送り、今後の仕上げスケジュールを確認。午後は夏から撮影が始まるドラマの原作を読み、夜は新宿の紀伊国屋ホールまで「風間杜夫ひとり芝居」を妻と共に鑑賞に出かけて行く。

 この芝居は風間さんが97年から続けてきたひとり芝居の完結編にあたるもので、僕は今回が初鑑賞。妻が昔所属していた現代制作舎と言う事務所で風間さんと同じマネージャーだった縁で、風間さんの芝居は時々観に行っていますがこのシリーズは未見でした。先日読売新聞に絶賛の劇評が出たせいなのか劇場内はチケット完売の超満員。商業演劇の観客層と言うのは、今でも新聞媒体の評価と興行面おいてはリンクするのだなあと思いました。芝居の方は、これは本当に面白い。一人芝居ですから、風間さんを堪能すると言う意味で、そして芝居と言うものを堪能する意味で大満足の舞台です。世の中にはいろいろな芝居をする役者さんがいると思いますが、風間さんのような「巧さ」が演劇界だけではなく、映画やテレビ界でももっともっと重宝されるべきだし、若い俳優さんはこう言う巧さをまずは目指してほしいなあと心の底から思いました。その為には、まずは基礎なんでしょうけど・・・。時々、小劇場も含めて若い人たちの芝居を観に行くと、勢いだけでやっていて、決して芝居の巧くない人たちの演劇を見せられることがありますが、舞台で芝居が下手なものを見せられることほど苦痛なものはない。それが、いつからか映画やテレビドラマにも「勢いだけ芝居」に価値観が与えられて「巧さ」と言うものの価値観がもうひとつ喜ばれなくなってしまっている感があるんです。そう言った意味で、今回の風間さんのひとり芝居のような芝居が評価を得て観客の共感も得てヒットしているのはとてもよいことなのではないかなと思いました。

 芝居が跳ねてからは、新宿の「犀門」で風間さんやその日鑑賞に来ていた長谷川康夫さんたちとの飲み会に妻と共に参加。そう言えば妻もかつては演劇界の人だったんです。演劇の人たちとの交流は慣れていないので、ちょっと緊張しましたが風間さんから演技の話など直接いろいろお話聞けたのは楽しかったです。いつか風間さんの芝居を思い切り活かせるような役を創って、映画やドラマの現場で再会できると嬉しいなと思いました。

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

不滅の熱球とかBsi脚本賞とか自転車で再び怪我とか

 昼は鈴木英夫の「不滅の熱球」をNHKBSで観る。日本プロ野球界に輝く沢村賞の名前を残した沢村栄治の伝記映画。木全公彦氏の鈴木監督のインタビューに沢村役の池部良がいかに野球音痴であったかを知るエピソードが記されているhttp://eiganokuni.com/blog/kimata/2006/05/post_1.html

 野球も映画も好きな自分にとっては素晴らしい野球人を描いた映画は、邦画洋画問わずに大好きなんです。サム・ウッドの「蘇る熱球」とか「打撃王」とか、本田猪四郎の「鉄腕稲尾物語」とか。そんな中ではそんなに野球映画としての興奮度はなかったでしたが、野球音痴池部良がよくぞ体得した沢村の独特のフォームや、恋人役司葉子の美しさなどで充分見応えのある映画になっていました。しかし、監督役の笠智衆はこれほどジャイアンツのユニフォームが似合わない人もいないと言うキャスティング。どう見ても野球の監督には見えないし、ベンチを出て独特のあの歩き方でマウンドへ向かう姿勢などかなり笑ってしまうのですが、そこがまた楽しかった。

 この映画を観た後は赤坂のBsiまで行って、Bsi新人脚本賞の授賞式に立ち会いました。一応この賞の一次審査員をやらせていただいているんですが、最初に自分が何冊も読んだ中から記憶に残って通過させた作品が審査員特別賞を受賞していたのでとても嬉しかった。審査員を引き受けた甲斐があったと言うものです。正直ですね、他の会社で読むセミプロ脚本より遙かにクオリティの高い脚本が多かったようにも思えます。勿論、殆どが読んでいてプロレベルに達していない作品も多いし、一方で僕よりキャリアある方の作品もあったかもしれないんですが、今回受賞した方々の脚本は本当にレベルが高かったと思います。まずは自分で好きなことを書いたもので受賞できるのは素晴らしいことですが、次にはプロデューサーや監督の意向に沿った受注脚本をいかにきちんと仕上げられるか?それが本当のプロの仕事だと思うので、辛いことがあっても投げださずに最後まで頑張ってほしいものだと思います。授賞式後は近くで打ち上げで久々に会った脚本家の人たちとひとしきり呑む。

 しかし帰りにまた罠が待っていました。またしても、自転車で雨の中を走っていて転んでしまったんですね。一週間に2度も転んで、今度はズボンのひざ部分が大きく裂けて、傷も大きく帰っても貧血になるくらいの打撲の痛み。これは何か「ファイナルディスティネーション」のような、運命が僕を襲っているのかなと一瞬恐怖しましたが、原因がわかりました。実は、「トリコンリターンズ」撮影前に、自転車のサドルを10センチほど高くして、脚のストライドを大きくしてスピードが出る代わりに、足が地面につかなくなってバランスの悪い改良をしていたんですね。だから少しでもバランスを崩すと、身体こと自転車から倒れてしまうことになっていた。もう、反省して多少遅くても安全な対応をすることにしました。

 それにしても痛いなあ

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

節々が痛いわけ

 撮影が終わって昨日は終日休んだわけですが、体中がなんか痛い。自転車に乗ると自転車にも不具合がある。と言うことで思い出したが、先週の土曜、雨の中自転車で駅へ向かっていると、駅のそばの道で傘をさしたまま両脇を見ずに一直線に横断しようとした女子学生と激突。いや、激突しそうになったのを回避しようとして滑って結局激突。少女の方は足にタイヤを掠めただけだったが、僕は止まった反動で自転車から宙に投げ出され背中から腰にかけてを地面に叩きつけ、肘を大きくすりむいてしまった。幸い、少女に怪我はなく、僕の方もリュックがクッションになって大けがにはならなかった。撮影中はそんなことも忘れていたが、いざ休みになると一気に打ち身の痛みが襲ってきて、ジムへ行っても満足に身体を動かせる状態ではなかった。

 雨の日の駅近くの道は気をつけないといけないですね。特に踏切で遮断機が下りて警報が鳴っていると、どうしても入線してくる電車にとび乗ろうと一直線に走ってくる歩行者が多い。僕が自転車だからまだ事件にはならなかったけど、バイクや車だと僕は少女を轢いてしまっていたかもしれない。そうなると自分の人生も相手の人生にも大きく影響してしまうわけで、打ち身なんかじゃすまなかった。僕も駅近くになって、踏切が鳴っているとダッシュかけてしまう傾向にあるから、歩行者も運転者も雨の日は特に気をつけなくてはいけないですね。

 これから一番嫌いな梅雨の季節がやってきますわあ

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

「トリコンリターンズ(仮題)」クランクアップ

 「トリコンリターンズ」あっと言う間のクランクアップ。昨日は雨を回避したり、雨の中で撮ったりの1日だったけど、今日は横須賀の古い倉庫でラスタチ(ラストのアクション、ラスト殺陣まわりの略)。今回は本当に全編雨、雨、雨の撮影でまるでデビッド・フィンチャーの「セブン」みたいなロケーションだった。しかし、前回より今回の「リターンズ」の方が格段に自分好みではあります。事件に次ぐ事件で、ハードな展開の中に主人公の温いギャグが微妙な匙加減で入っていて心地よいと思います。少なくても映像的には前作より迫力あるシーンをたくさん撮れたんじゃないかと思います。主人公3人とも仕事をするのが2本目なので、こちらが1を言うと3倍くらいに増幅して演じてくれるので実に息があった呼吸で現場をやれたんじゃないかと思います。こういう呼吸と言うのは映画の現場にとってはとても必要なことなのではないかと思います。ヒロインの飛鳥凛ちゃんも、最初は控えめでしたが、撮影後半からがんがんキャラクターをいじりまくって新たな魅力を引き出せたんじゃないかなと思います。芯が確りしているので彼女はこれからも頑張ってほしいものです。

 さて、クランクアップして休む間もなく次の仕事の連絡が入って、今月末にはもう1本ドラマの撮影に入ることに。とりあえず明日は休日にしようっと。なんとなく最近は「撮っていないと死んでしまう病」にかかっているようです。

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

三輪ひとみ登場

Sn340197  遂に三輪ひとみ登場。「発狂する唇」から9年経ったわけですが、今回は匂い立つ大人の悪女を演じきって貰いました。彼女の登場と悪天候の影響で「トリコンリターンズ」はよりフィルムノワールな方向へ突き進んでおります。背中に刺さったナイフはご愛敬。本編ではもっと深く刺さっております。

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

雨の中でのロケ

 この三日間は雨の中でロケ。前作は殆ど晴れの天気でのロケで脳天気な感じの画面が結構あったけど、今回は霧や雨を生かしたロケとなりどんどん画面がハードボイルドな方向へ。今日は倉庫内でのアクションシーンを撮ったけどこれは結構笑えるものになったかな。前回は探偵事務所でユルーイ話がゆっくり進んでいく展開だったけど、今回は横浜の夜の街、横須賀の海などを、走る、走る映画です。アクション、犯罪、アクションがジェットコースタームービーのように止まらずに展開しています。

 帰ってから今月上旬に撮っていた「東京少女 桜庭ななみ編」の予告を観る。家の大画面テレビで観てもななみちゃんは可愛いね。来週土曜は「東京少女 桜庭ななみ編」のオンエアです。ななみちゃんは初々しくて可愛いし、篠崎絵里子さんの脚本が素晴らしいので中々素敵なドラマになったと思います。お時間あればぜひ観てやってください。

| | コメント (0)

« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »