« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008年9月14日 - 2008年9月20日

2008年9月19日 (金)

母の骨納め~役所まわり

 17日の昼にM川君と打ち合わせをして映画の話にモチベーションをあげるも、夜には札幌行きの便に乗りその日はホテルのフランス料理を食す。翌日は朝早くから母の骨を預かって貰っていた叔父の家に行き、札幌の母の実家の墓へ骨納めの儀式。出来る限りもう少人数と言うことで、叔父叔母夫婦と母とは離婚した父、それに僕の4人。叔父は父には来てほしくなかったようだが、父としてはやはり贖罪の気持ちも大きく骨納めには四十九日の法要と骨納めには付き合いたいと言うことでやってきた。こういう時に困ってしまうのは僕の立場で、ひたすらに両方に気を遣うので映画1本撮るよりも余ほどに疲弊してしまう。ほんの1時間ほどの儀式だったがものすごく長く感じた。

 午後からは母が残した預金などを相続するためにいくつかの銀行と郵便局を回り、必要な書類を聞く。母の全人生の戸籍謄本が必要となる。これが結構大変で、例えば生まれた時からずっと籍を移していない人はともかく、母のように「結婚」→「離婚」と言う人生を歩むと、その都度籍が抜けたり住んでいたのが札幌以外だったりするとそこの役所にまでいかなくてはいけなくなる。母は離婚した後は、札幌の近郊都市に籍を移していたのでそこにいかないといけないことに。この大変な作業をやっていると、自分が金田一耕助にでもなったような気になる。だって、自分で戸籍をもとに家系図を作って提出しなくてはいけないんですからね。役場の担当が女優の杉山とくこさんみたいな人で「ええ!?全部入りの謄本ですか?」「はあ」「そりゃ無理よお。生まれは戦後の人?」「いえ、戦前なんですが。あのここに書いてあります」「しょ、昭和8年?!んな昔の戸籍どうして?」とか、困っていると助けを船を出しに来たはずの人が大滝秀治さんみたいな人で「戸籍ってもんはねえ、君日本独特のもんでねえ」と長い講釈が始まったりと・・・「あのお、僕明日川崎に帰るんですけど」「それを早く言いなさい早く」みたいなやりとりを役所が終わる時間ぎりぎりまでやっていた。

 結局、今日の午前中までかかって書類を揃え帰京。帰ったら血圧が半端なく上がっていて、相当に普段使わない神経を使っていたことがわかる。で、ほうっとするまでもなく助監督からメールが来たので開くと、まだ撮影残してあった小出早織ちゃんの衣装合わせの写真でだった。まったく、違う脳をまた使わなくては・・・。

 明日は家系図作りしながら、連絡を待つ日であります。

 

| | コメント (1)

2008年9月16日 (火)

ついに倒れる

 今日は完全休日だったんですが、夜から甥の誕生祝いでイタリアンレストランへ。そこそこメイン料理を食べた後、ドルチェを待っている間に突然頭から血の気が引いて貧血状態に。おまけに、下痢と嘔吐の両方に襲われてトイレへ駆け込みそのまま悶絶。食事した他の7人の家族は問題なかったので食中毒ではなく、過労が溜まったところへワインをちょっと飲み過ぎたのがいけなかったらしい。酒には弱くはないんだけど・・・。結局、僕と妻だけ近いけどタクシーに乗って帰宅。いやあ、参った。
 しかしまだ気は抜けないんだよなあ。そんなことやっている時に札幌の親せきから電話が入って18日の母の49日の法要の段取りの話。明日こそなんにもしないで寝ていたいです。

| | コメント (2)

2008年9月15日 (月)

女子大生会計士の事件簿 クランクアップ~編集

 今日は、先週火曜日に撮影がとりあえず終わった「女子大生会計士の事件簿」の編集。2本まとめて。後1本はまだ撮影が残っている。僕は今回の作品ぜひとも小出早織ちゃんの「芝居」を見てほしい。撮影が金谷さんだったので、4ページワンカットをクレーン撮影したりなかなかダイナミックなカメラワークになっていますが、これらは彼女の芝居が良かったからカットを割り込まずに長いカットで撮ろうかなと決意させたんですね。僕も彼女を徹底的に動かして芝居をつけたので、ページ数が長くなれば当然移動しながらの芝居になるので、それが意味のない動きではなく物語を的確に伝えるための動きをつけるので当然構図も変わってくるのですが、今回は演出、芝居、カメラワークが一体となっているエモーショナルなカットが1話に何カットかは撮れたので良かった。特に宝積有香サンと小出早織ちゃんの海辺の対決芝居はかなりうまくいったと思います。「女子大生会計士の事件簿」、少なくても僕が撮ったものは「芝居」を魅せる出来になったのではないかと思うし、ビジュアル的な美しさにおいても「銭形雷」からの成長がかなり伺えるものになっています。

 しかし、さすがに疲労気味。先月の母の死から休んでいないもんなあ。今週はさらに49日の法要&骨収めで札幌に帰らなくてはいけないし、新しい映画の企画もちゃんとやらなくてはいけないし、丹羽さんからの新たな指令にも備えなくてはいけない(実はもう出ている)し、「トリコン!!!リターンズ」の宣伝、舞台挨拶もあったりする。何より「女子大生会計士~」は完全にクランクアップしたわけではないのだ。明日はとりあえず休んで体も脳も休めなくては・・・。

| | コメント (0)

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »