« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

2008年10月19日 - 2008年10月25日

2008年10月25日 (土)

北海道キム・ギヨン旅行

 20081023164459

キム・ギヨン3本立ての熱に浮かされながらも北海道へ行ってきました。リアルでキム・ギヨン世界の住人になりそうなこの頃ですが、この季節の北海道はいいです。本来は母の遺産手続きの残務だったのですが、すっかり北海道を満喫してきました。この季節は特に美味しい食べ物がたくさんあり、まだち(真鱈の白子)の酢の物だとか、希少な葡萄海老の刺身だとか、そしてお土産に小樽三角市場で購入したいくらと塩ウニの安さと新鮮さ。空港の土産物売り場はもとより、札幌二条市場なんかより圧倒的に安い。各店舗お手製と言うのもいいですね。

 今回は小樽に行く用事があったので、昔母を連れてよく行った場所に足を運びましたが三角市場も母が元気なころによく買い物をした覚えがあります。気がつけば、偶然でしたが10月23日は母の誕生日でもありました。そう言うわけで母が大好きだった北一硝子でもお土産を購入。普段は札幌に帰っても滅多に行かない場所でした。元気なうちにもう一回連れて来てあげたかったけど、後悔は先に立たず。しかし、若いうちに金があればもっとなんとか孝行してあげられたのになあ。

 写真は韓国映画風の絞りにしてみた小樽運河。

| | コメント (0)

2008年10月23日 (木)

短信

 「トウキョウソナタ」一日2回しかやっていないのか・・・。13時の回を逃すと夜中まで見られない。と言うわけで13時の回には間に合わず断念。来週必ず行かなくては・・・。

 ところで10月30日、ドラフト会議なんですが、その日に「トリコン!!!リターンズ」の最終イベントがあるようで、僕もイケメンの誰かとともに挨拶することになりましたので、お時間ある方は是非いらしてくださいませ。

 明日、明後日は北海道です。

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

秋晴れ

 秋晴れで気持のいい季節で、ようやく体調も戻ってきました。昨日は、昼はライターの南川君とホラー企画の脚本打合せをやって、夜からは妻とともに個人的に頼まれた某有名俳優さんの娘さんの演技レッスンの打ち合わせ。この仕事は東宝のミュージカルに数多く出演してきた妻の経験が役に立ちそうな気がします。最初はお互いにちょっと緊張して臨んだのですが、とても素敵なご家族なので、僕らも楽しくやっていけそうで安心しました。新しい出会いを作ってくれた丹羽さんにはまた感謝です。

 それにしても、昼に打ち合わせした脚本内容とのギャップが激しくて面白いです。昨日はキム・ギヨンだったしなあ。今日はこれから黒沢さんの映画を観にいく予定です。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

キム・ギヨン3連発

 朝から夜まで東京国際映画祭で上映されるキム・ギヨン監督特集を観に六本木へ。映画は「下女」と「水女」と「火女82」の3本。「下女」は今から12年ほど前に高橋洋さんに誘われて観て以来。「発狂する唇」を撮るきっかけにもなった映画です。「下女」は12年前からさらに修復されていると言うことだったが、さすがに長い年月観ていなかったのでどこが修復されているのかはわからなかったが、再見して、もう鳥肌立つ迫力ある演出に脳内ノックアウト。続く「水女」は児童国際なんたら用の映画のようだが、途中までの醜悪なメロドラマと突如始まる児童憲章の大合唱でなぜか映画的感動を誘う奇跡の演出。この「水女」の何とも言えない貧乏臭いセンチメンタリズムこそアジアンドメスティック映画の醍醐味。ローカル映画でないと味わえない、アジアの田舎の食堂で味の濃い料理を食べさせられている感じ。「火女82」は「下女」の2回目のリメイク。「下女」がどこかアメリカ映画50年代の格調ある演出を感じさせるのに対して「火女」の方は、ほぼ同じ脚本ながらどこか70年代日本映画の青春映画の趣があって、つまり何と言うかロマンポルノのような緩い雰囲気があるのが面白かった。どれここれも傑作揃いで、キム・ギヨン特集は今週いっぱい続くので興味ある方は是非参加すべし。

 実は3本の上映のそれぞれの間が2時間づつあって、持て余す時間をどう過ごそうかと考えていたら、会場に柳下毅一郎さんと篠崎誠君がいて、3人で食事をしたりコーヒーを飲んだりしながら上映時間ぎりぎりまで延々と映画談議に花を咲かせたので、映画も含めて実に有意義な1日となった。帰り際には青山真治にも会ったけど、彼に残した言葉は、今日1日キム・ギヨンを見ての僕の心の底からの真実の言葉だった。

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=127

| | コメント (0)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »