« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »

2008年2月24日 - 2008年3月1日

2008年2月29日 (金)

R18な話題

強奸監禁座敷牢(DVD) ◆22%OFF! 強奸監禁座敷牢(DVD) ◆22%OFF!
販売元:ぐるぐる王国 DVD館 ヤフー店
ぐるぐる王国 DVD館 ヤフー店で詳細を確認する
 僕が99年に撮った強奸監禁座敷牢 と言うオリジナルビデオ、いわゆるVシネが今回DVD化されることになりました。僕は「発狂する唇」を撮る直前の98年夏~99年春にかけて4本のこう言ったエロVシネを撮っていて、その中で出会った栗林知美(現松尾伴内夫人)を「発狂する唇」に抜擢したり、もともとセックスシーンさえ描けば、他の制約は一切なしでこちらの自由な物語を自由な表現で撮ることが出来たので、僕にとってはどれも思いで深い作品でした。で、このなんだかものすごいタイトルのVシネですが、これは実は完全なホラーなんです。ホラーと言っても実話心霊テイストではなく、鶴屋南北風の怪談をテーマにした和製ホラーです。現代と戦中の話が入り混じって描かれる「憲兵」ものだったりもします。自分では「発狂する唇」の前に習作として撮ったつもりだったのですが、中々うまくいったのではないかと思います。ちなみに、この作品を評価してくれた一瀬さんががそのまま清水君のビデオ版「呪怨」のスタッフにこの作品のクルーを雇ってくれたりしました。

 成人指定の作品ですので、観られる方は限られてしまいますが、和製ホラーに興味のある方には是非お勧めしたい作品です。

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

マドレーヌを持つクイーン

080227_214401 今夜はBsiの銭形海の打ち上げを都内某所で。これで本当に銭形海とはお別れなのかと思うとちょっと寂しい気もしますね。大政絢ちゃんは、ここから羽ばたいていくことになります。

 写真は、マドレーヌを持つクイーン女優宝積有香。この間の舞台の初日夜の部で、突然得意なことを言うことになって急遽、マドレーヌのレシピを言おうとしたんだけど、うまく言えず悔しくて、今日は本当に美味しいマドレーヌが焼けることを証明するために数十個のマドレーヌを手作りで作って持参。打ち上げに参加したスタッフキャストに配っておりました。と言うことをファンにも知ってほしい!と言うわけで自ら焼いたマドレーヌを持った写真を僕のブログにもアップすることになったわけです。

 マドレーヌは家へ持って帰って奥さんと食べましたが、美味しいマドレーヌでした。多才ですねクイーンは。

 

| | コメント (0)

2008年2月27日 (水)

ケータイ刑事 銭形海 今夜再放送

 もう間に合わなくて寝ている人も多いかもしれませんが、僕が去年撮った「ケータイ刑事 銭形海 2話」が今夜の3時14分頃からTBSで放送されます。Bsiでは既に放映済みですが地上波は初ですね。この2話は、自分が撮った「ケータイ刑事シリーズ」の中でも個人的にはかなり気に入っている作品です。いつもより地味な演出ですが、推理劇と言うのを真面目に撮る時にはどういう演出が一番ベストなのかを考えて撮りました。先日はすっかり成長した大政絢ちゃんを観ましたが、これはまだ撮影2作目でもあり、初々しい銭形海を堪能していただけたらと思います。

| | コメント (3)

鈴木則文作品をブルーレイディスクで観る

 午前中いくつかの案件で電話連絡を受けたり待ったりして、午後ジムで汗を流して帰ったら米のサイトで購入した鈴木則文2本立てブルーレイが届いていた。勿論東映ビデオではブルーレイは制作していないので、アメリカ製の正式逆輸入盤。日本映画の海外ブルーレイと言うのは、アニメではあったけど、実写では初めてではないでしょうか?それが鈴木則文2本立てと言うのが凄い。と言っても実は「千葉真一2本立て」で、偶然にも「少林寺拳法」と「忍者武芸帖 百地三太夫」が組み合わさってしまっただけなんですけどね。で、早速高画質でこの2本を久々に観たわけですが・・・。
 正直、当時の東映シネスコをハイビジョン画質で観るってのは同時に撮影の粗探しみたいなことになってしまうなと言うのが正直なところ。アナモフィックレンズでさらにワイドになると画面が歪んでしまうだけじゃなくって、引き画ではフォーカスが来ていない部分が多くなって、それが忠実に再現されてしまうと言う皮肉な結果に・・・。それでも、殆ど初号のような美しい画面は素晴らしかった。
 映画の方は改めて語るまでもない。「百地三太夫」は特に傑作だ。80年に公開された東映最後の東映シネスコ。同時上映の中島貞夫「さらば友よ 実録大物死刑囚」ともどもこういった2本立てプログラムピクチュアとしても最後だったんじゃないだろうか?活劇映画のお手本と言うか東映映画のいいところが全て詰まったような傑作で、今観てもその面白さは遜色ない。アクション監督千葉真一と言うのも中々いいけど、その後の「激突 家光の乱心」と言うのがほぼ同じコンセプトで創られながらたいした映画になっていないことを考えると、やはり鈴木則文監督の演出が良かったんだろう。「少林寺拳法」もそうなんだけど、アクションとアクションを結ぶ緩急にメリハリがあって、この時代の東映映画と言うのは実はこの緩急を捉えた映画が少なくって、何年か前に高橋洋さんと「不良番長」をリメイクしようとして昔の時代の東映映画を観直してそのあまりの出来の悪さに辟易したことがあったけど、鈴木則文監督の評価と言うのはまさに加藤泰の一番弟子として、映画の王道を捉えた、スタンダードな娯楽映画を娯楽映画としてきちんと魅せる腕を持った監督であることを評価しなくてはいけないことを確信させる。

 そう言った意味で昨年シネマヴェーラで特集上映が組まれたことは特筆に値する出来事だったのだ。

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

トリコン!!!

 大入り満員なので興行延長が決まりました。劇場へ足を運んで頂いた皆さんに感謝いたします。

| | コメント (0)

団塊ボーイズ

「団塊ボーイズ」を、待ち合わせの時間つぶしに川崎の109シネマズで観る。071211_dankaiboys_main http://www.movies.co.jp/dankaiboys/

 しかし、これ酷い邦題だよなあ。これで観に行きたくなる人って少ないと思うんだけど・・・。映画の方は至ってスタンダードなアメリカ映画。前半コメディで後半は西部劇フォーマットと言う70年代以降アメリカ映画の常套手段。でも、映画の感触が悪くない。もっと、暴力的な笑いにいける気もするが、後味を考えればこれで良かったんだろう。バイオレンスとスピードを期待するとちょっと期待外れかもしれないが、アクションコメディとしてはアメリカ映画のスタンダードをきちんと守っていて楽しかった。後半カメオ出演で出てくるピーター・フォンダの格好よさ。最後にキャプテンアメリカってのはあまりにもベタなんだけど、そこがいい。物すごい傑作映画ではないが、映画は全ての映画が傑作映画である必要性はなく、こう言うベタでスタンダードな演出の映画が何百本もあって、その中から傑作映画がたまに生まれればいいんじゃないかと思う。逆にこう言うスタンダードな映画が少なくって来ているのも確かだ。

| | コメント (0)

2008年2月24日 (日)

ケータイ刑事 舞台&バーボン刑事呑み会

 昨日は沖縄から帰った翌朝にもう「トリコン!!!」の舞台挨拶。もう沖縄との気温差が10度もあるので渋谷の街を歩くのも寒い寒い。舞台挨拶後は文化村で南君たちとお茶をして、その後東急でお祝いのシャンパンを買う。

 午後からはグローブ座で「ケータイ刑事 銭形海」の舞台観劇。後半ぐっとシリアスになる展開の中で林和義さんと宝積さんの演技が良かった。二人ともシリーズ中はコメディ演技が多かったので、この展開は良かった。宝積さんは自分のユニットの芝居でもシリアス演技が光っていたので、今後はこう言う路線も積極的に開拓できるといいんじゃないかなと思った。美人で悪女が出来る人は貴重かも。

 舞台の方はカーテンコールでの草刈さんと山下さんが登場し大政絢ちゃんに花束を渡すサプライズな演出があって驚いた。これは昨日鑑賞した人たちは随分お得だったのではないかと思ったが、楽屋で多聞さんが「まだまだサプライズは続くよ」と言うことだったので、今日の最終回とか何が起こるか楽しみですね。バーボン&スニーカーを超えるサプライズって、これは相当に凄いサプライズですよ。きっと。舞台未見の人は、本日のグローブ座に駆け付けて大政絢最後の銭形海を観に行くべきです。

 と言うわけで、楽屋でお礼とお祝いの言葉をみんなに伝えた後は、夕方から某所へ移動して草刈さん、諏訪太朗氏、僕とうちの奥さんと言うメンバーで呑み会。草刈さんの若いころからの行きつけのこの店は中々に酒もつまみも美味くって5時間ほど映画や演劇などについて語り合い実に濃厚な時間を過ごす。この間の峰岸さんもそうだったけど、かつての映画界の話を酒を呑みながら聞くのは楽しい。草刈さんとは助監督時代の出会いからもう20年の付き合いになるんだなあと。諏訪さんも含めてこの20年の積み重ねと今後の展望を語りあう。

080223_215503

 沖縄でのキャンプ見学から1日経って全く違う感激が東京で待っていたのは本当に面白かった。人生はいろいろで楽しいですね。辛いことも多いけど、年を経ると本当にいろいろ語り合える友人がいてくれることが絶望を拭い去ってくれる。

 ふと振り返ると昨日は朝から晩まで世代は違うけど、イケメン漬けの1日だった。

| | コメント (0)

« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »