« 風間杜夫さんと東映京都の話 | トップページ | 病院とかドラフトとか »

2009年10月26日 (月)

幻の企画 男の女のミステリー 黒沢清脚本 長崎俊一監督

最近更新が滞ってしまうのは、ココログにログインする際にいちいちニフティIDとは別の認証が必要になってしまったからで、IEを変えればいいんですが、新しいIE導入した途端に動かなくなってしまった海外ゲームがあるので、面倒な設定なままにしているわけで、そうなるとログイン画面がいちいち出てくるとそこで書くのをやめてしまったりするわけです。

 先週はずっと週の頭から発注してきたいくつかの脚本やプロットが集中的に上がって来て、それを修正したり加筆したり、打ち合わせしたりと言う作業が毎日のように続いていて、絶対に行きたかった試写や東京国際映画祭のいくつかの番組も観る事が出来ませんでした。映画祭とかは勢いとか流れがあって、一度行くと続けてずっと通ったりするのですが、一旦仕事でタイミングを逸すると中々いけなくなってしまうものですね。

 と言うわけで、いろいろな脚本を読んでいるうちに、本棚にあった昔の脚本を参考にしようと引っ張り出して読んでいるうちに、一冊の幻の脚本を発見しました。90年か91年ごろのフジテレビ「男の女のミステリー」の脚本なのですが、これが脚本黒沢清、監督長崎俊一なのです。確か、桃井かおりさんと小林聡美さんで企画されて、KANOXと言う久世光彦さんの会社で制作される予定だった脚本です。物語は、血の繋がらない母と娘が同じ結婚詐欺師の男に騙され、尚且つこの男が政治家のスキャンダルに絡んでいたことから謎の組織とも母娘は闘ったりすると言うもので、この結婚詐欺師の役には草刈さんがキャスティングされていたようですが、これが今読むと長崎俊一監督らしい男女の不条理なまでの恋愛感と、後半は黒沢さんらしい廃墟をもとにした活劇、ラストは操車場での唐突なアクションとか、見事に入り込んでいて面白いんですね。前半の2人の母娘が一人の男に翻弄されていく場面は「誘惑者」とか撮っていた頃の長崎さんのタッチで、後半例えば草刈さんと対峙する母娘が対決する場面では「どこか水産試験場の跡地」なんていう風に黒沢さんが好んでロケ地に使っていた場所がト書きに書かれていて、追い込まれて逆襲に転じる草刈さんが、廃墟のパイプに頭をぶつけると錆びだらけの水を浴びて「まるで悪魔のような形相になって襲ってくる」なんて書かれていたり、本当に2人の作家の共同作業が結実していて是非実現させて欲しかったかなと思います。この企画は撮影準備に入る直前に、桃井さんの2時間ドラマが既に放送されたばかりなので、ちょっと延期したいと局側から申し入れがあって、その時期を逸すると桃井さんのスケジュールも合わなくなってしまい、無期延期になってしまった記憶があります。

20091026092303_2 20091026092334_2

20091026092406_2  この企画を実現化させた背景には、もう少し面白い話があるのですが、それはまたの機会に書きます。「80年代自主映画界 仁義なき戦い 東京死闘編」とでも言うべき内容であることは予告しておきましょう。

|

« 風間杜夫さんと東映京都の話 | トップページ | 病院とかドラフトとか »