« 幻の企画 男の女のミステリー 黒沢清脚本 長崎俊一監督 | トップページ | 今週 »

2009年10月31日 (土)

病院とかドラフトとか

 水曜日は午前中、ある企画の原作本を読んで、午後から川崎のある総合病院へ妻と共に義父を迎えに行ってきました。月に一度の難聴の検診なんですよね。補聴器のテストしたり。午前中に兄嫁が送っていき、その後用事がある兄嫁に代わって僕らが迎えにいくと言う感じです。僕は声が大きくて通りのいい声をしているので、難聴の義父の通訳も兼ねています。そういえばこの補聴器の業者さんを妻は横浜スタジアムで見かけたことがあると言い、冗談で「野球なんか見に行きますか?」と聞いたら、見事に僕らが行っていた日にその人もハマスタに来ていたようでした。

 昨日は午前中歯医者で、夕方までジムで汗を流し、夕方からスカパーでプロ野球のドラフト会議を最後の育成指名まで確り見ていました。それにしても、今年はどの球団も新聞やドラフト雑誌の指名とは全く乖離する結果になりました。ドラフト1位候補として挙げられ、プロ野球志望届けまで出した若者たちがかなりの数指名漏れとなり、これはこれで面白かったです。僕もドラフト候補特集の雑誌を片手に見ていたのですが、ほとんど役に立ちませんでしたもの。

 我が横浜ベイスターズは1位で松井や清原を超える通算本塁打を打っている筒香選手を指名。以下、育成選手まで含めて4人の高校生投手と1人の即戦力社会人投手を獲りましたが、大学生社会人に即戦力がない不作のドラフトといわれる中で、素材型の大型投手を4人も指名したのは正解だったと思います。あまりベイスターズのことを詳しく知らない記者は「なぜ即戦力投手をもっと指名しなかったのか?」なんて書いていますが、中途半端な即戦力を指名して失敗してきたのがここ数年のベイスターズだったわけで、ちょっとやそっとの即戦力投手ではチームの改革はできない。それならばと言うわけで、次世代のスター選手候補の筒香と、やはり次世代を担う大型エース候補を右腕3人と左腕1人指名出来たのは、チーム改革の現われとして評価すべきなのではないかと思われます。大学生社会人投手は逸材だらけと言われる来年を楽しみにしましょう。

|

« 幻の企画 男の女のミステリー 黒沢清脚本 長崎俊一監督 | トップページ | 今週 »