« 自主映画 仁義なき戦い | トップページ | 東のエデン »

2009年12月12日 (土)

ミレニアム ドラゴンタトウーの女とか 高橋洋とナチの話とか

全世界で2100万部を売り上げたと言うミステリー小説の映画化。つい最近の「このミステリーがすごい」でも堂々の2位だから、小説は情報の楽しみ方も含めて面白いのだと思う。映画はヨーロッパ映画独特の背徳感漂う、サスペンスミステリーを美しい北欧の風景と共に描き出す。だが、病的なサイコを描いているのだがもう一つアメリカ犯罪映画のような怖さがないのは、同時代性と言うことなのだろうか?タイトルの「ドラゴンタトウー」の女は、魅力的なキャラクターだったが、犯罪性の本質に人間の闇がもう一つ描ききれていないのが残念だった。「セブン」や「羊たちの沈黙」以降の難しさを感じる。映画のモチーフにもなっている、ナチの残像と言うのが、きっとヨーロッパではいまだに恐怖の記憶が残っているのかもしれないので、その点で原初的な怖さが僕らとは違うのかもしれない。それは思想的と言うより遺伝的に染み付いてる感情だろうか?見終わった後で、宣伝部の女の子に「横溝正史みたいだねえ」と言っている初老の批評家らしき人がいたけど、ナチの面影と言うのは日本の土着的な怨恨と通じるものがあるのだろうか?僕にとってはナチの残党と言うと「キイハンター」で室田日出男さんが演じていた、狂った男のイメージが強い。映画自体は前半いらんエピソードがあるなあと思っていたけど、帰りに続編以降の原作の解説を読むと、どうしても描いておかなくてはいけないエピソードのようだった。

ナチと言えば高橋洋。かつて「発狂する唇」のネタ合わせをしていた時に「こんなのはいかがでしょう?」と語ってくれた話があるが、それがナチに絡む話だった。戸来(ヘライ)村と言う、キリスト教信仰の伝説がある村が舞台で、戦中、ナチ、それもゲシュタポに憧れる一人の憲兵がいた。イメージキャストは菅田俊。彼は、風呂屋の息子で、憲兵でありながら余りにもゲシュタポのスタイリッシュな服装に憧れるあまり、母親にゲシュタポのコートを縫ってもらう。やがて戦局が悪くなってくると、男は発狂し始め、ナチのユダヤ殺害に感動し、自らの風呂屋を改造して収容所と呼び、村中の女たちをユダヤ狩りと称しては監禁し陵辱の限りを尽くす。そして最後には風呂場に毒ガスを仕込んで皆殺しにしたのだ。・・・それから40年後。若い男女の大学生がこの村に研究にやってくると、この男の亡霊更には虐殺された女たちの亡霊が巨大な怨念のエネルギーと化して、若者たちを次々に襲い始める。と言うような内容だったろうか?このプロットは、「血を吸う宇宙」の企画の折に一瀬さんに口頭で聞いて貰ったことがあるような気がするけど、実現化しなかったのはきっと却下されてしまったのだと思う。

|

« 自主映画 仁義なき戦い | トップページ | 東のエデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自主映画 仁義なき戦い | トップページ | 東のエデン »