« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »

2009年5月17日 - 2009年5月23日

2009年5月19日 (火)

大矢解任の日に

 昼間ドリマックスの小板さんから電話があって「最近どうですか?」と言う挨拶がてらの言葉に「いやあ監督クビですよ!クビ」と言ったら「えええ!?それは大変ですねえ」「まあ後任は早くも決まりましたがね」「はあ、それはそれでつらいでしょう」「まあ、大矢さんも遅かれ早かれ今年いっぱいだったと思いますよ」「え。あ、あああ、クビってそっちの、僕はまた佐々木さんが(映画のほうの)監督クビになったのかと、あーびっくりした」と言う会話になって、僕の方はクビになるもならないもまだ始まってもいないのでと言うことで6月のスケジュールを確認をしたのだけど、本当に今日は驚きっぱなしの日であった。

 しかし、まあ監督の解任だけで横浜ベイスターズが強くなるとも思えず、やはりここはオーナー会社のリーダーシップでフロント強化を中心にチームを変革させていかないと、野村監督のコメントも出ていたけど「50年前と違っていまは編成フロントが確りしないと監督の力だけでは野球は勝てない」と言う言葉どおり。

 TBSのために僕は粉骨砕身頑張る覚悟は出来ておりますので、なんとかベイスターズのためにリーダーシップを発揮してチーム再建をお願いしたいと切に切に願います。まずは、TBS主導でベイスターズのトップの改革、惜しみない補強費の供出で、的確な選手、スタッフの編成をお願いしたいと思うのです。ベイスターズのこの数年の低迷は、この7年に社長が3人代わり、監督が5人代わり、そのたびごとにチームの方針がぶれていったことが大きな原因であると思います。どういうチームを作り出していくのか?オーナー企業が率先してチーム運営に乗り出して欲しいと思います。僕はそのためなら球団名に企業名が入るのもいいと思います。横浜TBSベイスターズでもいい。とにかくチームを強くして欲しい。そう強く願う次第であります。そのためなら僕のギャラなんかいくらだって安くても我慢します。

 

|

« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »