« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »

2009年9月6日 - 2009年9月12日

2009年9月12日 (土)

映画秘宝 山城さん追悼文とかレッスンとか

 昨日は映画秘宝の山城新伍さん追悼文を書き上げて送信。「スウイートホーム」の現場秘話など、ブログでは書ききれないものを山城さんへの追悼とともに怨念を持って書いていたら思わぬ長文となってしまい、改めて依頼された字数にリライトしたが、どうしてもこの長い文を誰かに読んで欲しくてとりあえず長文のほうも併せて送信したら、こっちの方が絶対面白いのでデザインを変えても掲載したい。と言う返事をいただいた。僕も、助監督を休業して映画のパンフレット作りや、雑誌の編集を手伝っていた時期もあるので、校了直前のデザイン変更は本当に労力を費やしてしまうことになるので、大変迷惑をかけてしまったなと申し訳なく思うのだけど、担当の田野辺さんの思い切りで実現できて嬉しかった。いままで外部に出ることが少なかった「スウイートホーム」の話は、勿論山城新伍さん中心にした話題ではあるけど、初めて外に出る文章に近いと思うので是非20日発売の「映画秘宝」を買って読んでください。よろしくお願いします。

 午後は散髪に行って、夕方から成城まで妻とともにレッスン。題材はシェークスピアの「マクベス」。このレッスンは前にも書いたけど、自分たちの糧にもなるので面白い。マンツーマンで演技レッスンをこれだけ長く続けていると本当に演技がうまくなるし、こちらもやっていて大変糧になる。シェークスピアを題材に選んでいるのは、何十行もの長台詞でそれもかなり話しにくい言葉で台本が書かれているからだ。つまり「巨人の星」の大リーグボール養成ギブスをつけてキャッチボールをするみたいなもので、大リーグボール養成ギブスが外れると豪速球が投げられるように、これで普通の台詞を言っても舌が鍛えられるから、多少の難しい台詞も言えるようになるだろうという思い。このあたりは新劇の舞台で若い頃に鍛えられた妻の経験がものを言っている。成城レッスンは楽しいので帰路は妻といつも足取りが軽くなる。

 

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

3時10分 決断の時 と西部劇の行方

昨日は朝から川崎で「310分決断の時」を見てから、恵比寿まで妻を迎えにいって一緒にランチをとる。恵比寿の「ロジェ」と言う30年以上ここで店を張っているぱすた屋さん。妻が若い時に通っていたダンススタジオの近くにあったので、いつもそこに通っていたところだが、内装等全く変わらず70年代によくあったログハウス風のデザインが懐かしい。パスタも種類豊富で美味しかったが、メニューが昔のスパゲティ屋さん風で、最近は本格的なトラットリア風の店が多い中で、昭和風のスパゲティは懐かしかった。ただ、僕らは丁度良い量だったが、若い人は+150円で大盛りにしたほうがいいかもしれない。帰宅してからは、映画秘宝の原稿書き。山城さんの追悼文なんですが、書きたいことが溢れてきて、指定文字数では書ききれないことになり中断。改めて構想を練り直すことに。

 さて、「310分 決断の時」ですが、西部劇なんかいまどきあっとういまに興行を終えてしまうかなと思っていたけど、川崎の109シネマズでは上映回数を増やしたりしていたので、これはやはりクリスチャン・ベールとラッセル・クロウの人気なのか、映画の出来が本当にいいから口コミで伸びたのか、いずれにしろ本当に内容がいい映画が微妙であっても上映回数増えたりするのはいいことだ。

 映画のほうは、アメリカの西部劇と言うジャンルが一つの進化を遂げつつある映画なんじゃないかと言う興奮を覚える出来だった。そもそも50年以上前に遡っても、西部劇と人くくりに出来るほど簡単なジャンルではないほどの豊かな作品群をアメリカ映画は擁していた。そしてそれは一つ一つがジャンルとして扱われてもおかしくないくらいに充実していた。ジョン・フォードの開拓魂溢れる西部劇。アンソニー・マンやニコラレス・レイたちによって作られた暗黒極まる西部劇。「ララミーから来た男」なんてのを大人になって初めて見た時は、西部劇でこんなに人の気持ちを暗くしてしまう映画があってもよいのだろうかと思うくらいに暗かったし、バッド・ベチカーの西部劇も低予算ながらいつも興奮させられる作劇法で楽しませてくれた。あのダグラス・サークが「アパッチの怒り」と言う唯一西部劇を語るときも撮影は大変だったけどジョン・フォードに出来ないことをオレはやったぜ、みたいなことを言ってるからやはり魅力あるジャンルだったのだろう。

 その西部劇の歴史が大きく変わるのは、イタリアでマカロニウエスタンが生まれてからだろう。昔の映画の評論家はマカロニウエスタンを軽んじる人は多いけれど、セルジオ・レオーネやセルジオ・コルッブッチがその後の西部劇と言うジャンルに与えた影響は計り知れなく大きかったと思う。アクション中心の映画に思われがちだが、マカロニウエスタンが大きく変えたのは西部劇出てくる登場人物のキャラクター像だろう。こう書くと、そこで黒沢明の話を持ち込む人がいるが、それは実はそんなに強くは影響していないと思う。むしろ、どこかラテンな、明るくていい加減で、それでいてどこか虚無的な人間像。イタリア映画ならではの人間像が新しいジャンルを生み出したと言える。

 そして、次に西部劇が大きな変化を迎えるのがイーストウッドが「許されざる者」を撮ってしまってからだろう。アメリカ映画とマカロニウエスタンを体現してきた男が、ジャンルとしての西部劇を終焉させるかのように撮ったあの映画。「許されざる者」が生まれて以降、西部劇と言うジャンルに挑戦すらしていけないのではないかと言う不可侵な領域になるとも思えていた。

 だが「310分 決断の時」は「許されざる者」以降に生まれた西部劇としては、類稀なる傑作として登場してきた。内容は難しいものではない。金銭的に追い詰められた元北軍兵の牧場主が己の生活と誇りを賭けて、強盗団のボスを鉄道が通る町まで護送するという物語だ。ただ、そこにはアメリカの西部劇が描いてきた「男の、父親の誇り」を大事にする人間像がきめ細かく描かれ、マカロニウエスタン風の楽曲とともにアクションも派手に描かれ、西部劇の映画的記憶を踏まえた作品造りが成されていた。この脚本、演出を見事に生かしたキャメロン・クロウ、クリスチャン・ベールの2人の俳優の演技が素晴らしい。表情のあり方が特に素晴らしかった。

このように伝統的なジャンル映画をいまだに生み出せるアメリカ映画が羨ましい。日本の時代劇でもあくまで本格的に予算をかけて、アクションもあり人間ドラマも濃いような映画は出来ないものか?そういえば「十三人の刺客」を三池さんでリメイクすると聞いたが、三池さんはテレビの「さぶ」のように確りとした演出で時代劇を撮ることが出来る実力のある監督なので、過激な方向はアクションだけにして確りと地に足の着いた時代劇を作って欲しいと願います。

 

|

2009年9月 7日 (月)

96時間

 打ち合わせの参考になるかもと言う助言を聞いて「96時間」と言う映画をチネチッタに観に行く。リュック・ベンソンプロデュースによるアクション活劇。監督のピエール・モレルと言う人は、これまでもリュック・ベンソンのプロダクションで撮影監督をやっていた人で、ある意味、リュック・ベンソンが脚本を書いて、完全に映画をコントロールする上においてはカメラマンに現場は全て仕切らせて、面倒なことは全部モレルさんに任せて、と言うことなのだろう。それでも「96時間」は助言に違わぬ、面白い活劇映画だった。

 80年代の後半に「ニキータ」や「グランブルー」で話題を呼んだときから僕はリュック・ベンソンと言う監督は好きではなかった。ハリウッド映画のイミテーションを下手糞に模倣しているようにしか見えなかったし、何より映画全体を覆う感傷的なムードが好きじゃなかった。これは好き嫌いと言うレベルですけどね。たとえば「レオン」とかでも、主人公と少女が邂逅していくまでのストロークが短くて、物語的引用になった「グロリア」のジーナ・ローランズが格好よかったのはあの少年を中々受け入れない強さが良かったのに、「レオン」の殺し屋はあまりに早く少女を受け入れてしまうので、そこから先はまったく乗れなかったりした。僕らが理想とする例えばドン・シーゲルだとか、ジョン・フィリンが持っていたアクション映画のキレがないと感じたのだ。

 「96時間」もオープニングから、娘誘拐までの父親の感傷タイムはどうにも乗れなかった。それが、娘の誘拐から一気に映画のアドレナリンは爆発。とことんリーアム・ニーソンのとんでもないキャラクターに魅せられて突っ走る。「レオン」の主人公と「96時間」の主人公の違いは、リーアム・ニーソンが娘を追いかけると言う感情的なモチベーションを維持しつつも、あくまで冷徹なプロフェッショナルとして描かれている点だろう。リーアム・ニーソンと言うキャスティングが絶妙だ。大藪春彦的超人プロフェッショナルに、西村寿行のハードロマンを加えたような映画で、物語に工夫も何もあったものではなかったが、とにかく映画を動かすのは主人公のキャラクターのみと言う潔さが面白かった原因ではないだろうか?

 映画の長さが90分台と言うのも良かった。

|

« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »