« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »

2009年11月22日 - 2009年11月28日

2009年11月27日 (金)

演劇企画集団THE ガジラ 公演 「大人の時間」

 昨日は風間杜夫さんのお誘いで 演劇企画集団THE ガジラ公演「大人の時間」を吉祥寺シアターで妻と観賞してきました。映画と違って、相変わらず演劇観賞眼は僕は素人だと思うのですが、昨日の芝居は2時間緊張感を保って、演劇らしい臨場感溢れるダイナミズムに満ちた、社会派サスペンス劇で非常に面白かったです。特に風間さんと、有薗芳記さんが素晴らしかった。風間さんのお芝居はコミカルなものを最近見ていたので、昨日のような重たいシリアスなものだと、余計に巧さが光りますね。そして確かに重たいのですが、その中にちょっとほっとする瞬間もあって、芝居の奥深さを知ることが出来ました。でもやはり演劇はこれくらいに斬新で、確りと作り込んで欲しいですね。映画やドラマで出来ることを演劇で見せられるのが一番つまらないし、僕が一時期演劇から足が遠のいてしまったのは、メジャーな映画で本当はやりたいんだけど予算がないから舞台でやってみました。みたいな演劇を何回も見せられた経験があったからなんですよね。それに比べて昨日の「THE ガジラ」はまさに演劇的な空間と俳優の芝居と台本、それに音響効果で、今の現代の闇の部分を社会派的なテーマと共に描いていて、演出も本当に素晴らしかった。

 まだ29日まで公演やっているので、お時間あれば是非観に行ってみてください。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/

 公演後は、風間さんや舞台関係者の人たちと近くの沖縄料理屋で呑みました。途中から渡辺えりさんや阿佐ヶ谷スパイダースの方たちも加わって、盛況な呑み会でした。妻は渡辺えりさんとは野田秀樹さんの舞台で共演して以来の再会を楽しんでいたようです。

 しかし・・・再会と打つと最下位と一発変換されてしまうのは悲しい。来年は頑張れよベイスターズ。

|

2009年11月23日 (月)

目標

 1年間続けてきたレッスンが佳境を迎えようとしている。ここまでゼロから叩きあげてきて、じっくりじっくり基礎を固めてきた内容のものから、ある一つの目標に向かってのものに変わったのだ。人生には何度かの山場があって、当然谷もあるわけですが、まず彼女が最初の山を越えられるかどうか、我々はそこの目標に向かって挑むことになったわけです。とは言え、あまり肩の力は入れ過ぎず、まずは基本の中の基本からをこの間は確りとミーティング。それは役者さん自身がどうやってキャラクターを把握して、それを表現して行くのかと言うこと。演じる人自身がキャラクターを把握していないと、芝居の中の一挙手一投足が変わって来ますからね。芝居の巧い下手ってのは、パイロットの航続距離みたいなもので確りと基礎を固めておけばなんとかなっていくと思いますが、その次にいかに人の心を動かす芝居ができるかどうかと言うのは俳優のキャラクター把握が確りしていないと何も出来なくなるのだと思います。特に舞台の場合は、映像と違ってカット割りだとか編集で芝居を再構成していくことが出来ないですし、純粋に観客は俳優の芝居だけを見て感動したり笑ったりしますからね。キャラクターを把握するということは、一方で人間把握力でもあります。台本に書かれている役柄、人物像を生きた人間として肉体で表現させていくのか?その最初の一言からそれは全て表現されていくものだと思います。

 とにかく、野球の監督の言葉ではないが「やるのは選手」ですから、今回もやるのは彼女自身。最後まで悔いのないように闘って行くことを我々としては愛情を持って厳しくサポートして行くことしか出来ませんが、そこに関しては頑張ろうと思っています。

|

« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »