« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月27日 - 2010年1月2日

2010年1月 2日 (土)

明けましておめでとうございます

今日は朝から雑煮を造り、そのまま妻と共に川崎七福神巡りをしてきました。天気予報で脅されていたけど、案外陽射しが暖かく、3時間ほどで川崎の七つのお寺を巡って、一軒一軒参拝の証拠のスタンプを押してもらい、我が家の神棚に飾りました。

 世間は不況不況のニュースで業界的にもあっという間に信じられないハザードが起こってしまいましたが、僕自身はこれを契機にもう一度映画について、確りとした思想を持ち、この時代の中で何を自分がするべきなのかを考え行動する、大きな変革の時期にきたのではないかと思われます。そういった意味で去年は過渡期だったのではないかと思います。事業繁栄の大黒様のお寺で引いたおみくじは「大吉」。よし、運は向いてきそうだ。頑張るぞ!

 帰ってから親類一同に会して新年会。僕はボッテガ・ヴィーノ・デイ・ポエティ・ゴールド と言うイタリアのスパークリングワインを持参して参加。ボトルが金色でお正月らしいデザインなので購入したのですが、一流のレストランで買い占められるためこの時期は品薄になってしまうものですが、値段は3000円程度と安い。ゴージャスなボトルデザインとは打って変わって飲み口は繊細。「Il Vino dei Poeti」(詩人のワイン)と言う名前通りの味でした。

生産者の一言を付け加えると

 『詩人や芸術家、そしてそれらを愛する全ての方が生きていることを喜びグラスを掲げ、このプロセッコ・ブリュットを飲むことで喜びを喚起するワインなのだ。ボッテガのプロセッコは、『笑顔』『ロマンス』と同義なのです。愛に満ちた光なのです。』と言うことだそうです。

 今年も皆様よろしくお願いします。

20100101213332_2

P1011509 P1011524 2010_3 2010_4 P1011519 P1011516 P1011502

|

2009年12月31日 (木)

大晦日

 昨日は午前中に歯医者へ行き、前歯の治療して、これで1年かかった虫歯の治療を全て終える。今まで放置してきた親知らずも今年3本も抜いたし、とにかくこの1年間は歯の治療に費やした1年だった。思えば去年の年末、虫歯から上顎洞炎を引き起こし、歯医者の手には負えないかもしれないなんて脅されてはや1年。真面目に歯医者に通い続け、物凄く痛い治療もあったが、細かい部分まで全て治療を終え、パーフェクトな仕上がりになったようだ。担当の先生も、僕の口の中を見回して「自分でもいい仕事したな」と満足そうだった。

 帰って脚本が届くのを待ちながら、大掃除の仕上げ。玄関から階段をデッキブラシで磨き上げる。結局脚本は深夜遅くに届き、いくつかディティール部分の修正をお願いした。予定では今日昼過ぎに到着。年末はまったくのんびりできない日々が大晦日まで続いています。合間に吉田喜重の「女のみずうみ」や増村の「赤い天使」を鑑賞しようとするも、落ち着かないので両方完走出来ず。今日はこれからおせち料理を作りながら脚本を待ちます。既に「栗きんとん」は朝のうちに完成。今年はレモンリキュール入れたのでかなり美味しい。

|

2009年12月28日 (月)

忘年会

昼はDVDを何本か見たり、メールで打ち合わせ。その後髪を切りにも行き、夜から毎年恒例鈴木浩介氏主催の忘年会に妻と参加。100人以上集まるけど、だんだん高齢化してきていますね。BSTBSの丹羽さんや小板さんやBOBAや水木薫さんとかと3時間も時間を忘れ歓談。気がついたら携帯留守電にバーボン刑事からメッセージが入っていて、あまりにも素敵なボイスに感動して妻にもその声を聞かせ永久保存にする。とりあえず正月明けに、新年会の約束をする。帰ってから、録画してあったフィギアのフリーを観る。鈴木さんは、個性的な風貌なので去年から注目していたけど、今年一気にブレイク。オリンピックにも選ばれて良かった良かった。彼女の表情は本当に楽しい。1位の浅田真央ちゃんは今シーズンの曲はちょっと重苦しいので、見ていてあまり楽しい気分に慣れないのが難点で、グラプリファイナルでもあまりいい結果は出なかったが、最後は確り決めて、バンクーバーでもガンバッテ欲しいものです。

さて、今日はこれから川崎FMの生放送。そろそろ出かけなくては・・・。

|

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »