« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2010年2月14日 - 2010年2月20日

2010年2月18日 (木)

誕生日とか成城レッスンとか紅芋マッコリとか

 昨日は自宅でささやかにバースディを妻と。ビーフシチューに、ジムで知り合った伊藤さんが焼いてくれた自家製紅茶パン、それに生ハムとオリーブのサラダ。ブルーチーズとラムレーズンのチーズ。それを、ラーズ種の真赤な濃いスパークリングワインでいただく。このスパークリング、オーストラリアのものだが濃厚な赤のシラーズ種の味をそのままにスパークリングにしたもので廉価な割にかなり美味しかった。このスパークリングの売り文句はこれ

甘味のあるベリーやラムレーズが溶け込んだような滑らかな味わい。ホワイトチョコやスパイシーなバニラを思わせる樽香が柔らかくクリーミーな余韻を残します」

 3000円以内で飲めるスパークリングとしてはかなりお勧めです。フォックス・クリーク・ヴィクセン スパークリングレッド。

 今日は、午前中に土曜日一日残るワークショップ用の台本作り、午後からは成城でレッスン。まあ、いろいろあるが、まだまだ頑張らなきゃなね。レッスン終了後、辰巳さんから「富者紅芋マッコリ」を2本いただき、帰って早速妻と呑んでみるが、非常に爽やかで飲み口がよく、マッコリ独特の酸味が紅芋の淡い甘みで少し抑えてあって、こちらも絶品です。爽やかだけど濃厚な味が素晴らしかった。

 ところでビーフシチューは、安いスネ肉を24時間すりおろし玉ねぎとたっぷりの赤ワインに漬けて、数時間かけて煮るとこれが和牛とは言わないまでもかなりトロトロで肉のくさみも消えて美味しかった。

 20100218220128

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

ワークショップ~脚本打ち合わせ

無事に三日間のワークショップを終了。面白かった。あと1日残ってますけどね。芝居、脚本共に物語に奉仕していくものだと言うことはわかっていても、ではどうすればいいのか?と言うのはまた別問題と言うこともよくわかる。わかっていても出来ないこともある。あとは技術力を磨くしかない。成城でのレッスンとはまた違い、経験ある役者たち、まだ未経験の役者も入り交じってそういったことを議論したり、煮詰めて行ったので物凄いエネルギーを使ってしまった。が、休んではいられない。と言うわけで今日は雨の中横浜まで出掛けて脚本打ち。振り出しに戻った感はあるが、でも面白くなりそうな案をライターは持ってきた。こっちはワークショップの成果も話しながら、映画の肝について語った。このネタはどんなことがあっても映画にしないと。と強く思う。今週は結構忙しいですな。週末にはまとめあげられそうだ。まとめないと来週は沖縄だもんなあ。

| | コメント (0)

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »