« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »

2011年3月20日 - 2011年3月26日

2011年3月21日 (月)

震災に

 3月11日に日本列島を直撃した東北関東大震災から10日が経ちました。直接の被害を受け亡くなられた方たちには謹んでお悔やみを申し上げます。同時に家族や家を失い、未だに避難所で不安な日々を過ごさせている方たちにはお見舞いを申し上げます。

 僕はその日夕方から仕事へ出かける予定であったが、その前に寄ったスポーツクラブで地震にあって交通網が遮断されていることを知り、そのまま帰宅した。妻は東映テレビのドラマで埼玉までロケに行き、帰宅途中で地震に遭遇しその日は帰宅が出来ず、越谷の市民会館で一夜を過ごすことになった。被災地の方たちに比べれば、それくらいはたいしたことのない被害であったが、途中携帯電話がまったく繋がりなくなり交通網がすべて遮断。一部停電もあり、地震が起こることで我々の生活が瞬時に変わってしまうことを知った。その後も福島の原発事故は我々を不安に陥れたまま、計画停電が始まった。

 関東に置いても、この10日間で11日以前と以降では大きな何かが変わった。同時に悩まされたのが多くの風説だった。何人もの信頼に足る友人達からチェーンメールが来た。彼らは純粋に何かを信じてこのメールを送っている。僕は震災から数日はネットで様々な情報を得ていたので、メールの内容が既に虚偽であったことを知っていたが、知らない人は信じてしまっても責めるわけにはいかない。だから最初にこうしたメールを送った張本人が憎いと思う。チェーンメール以外でもツイッターなどを通じて随分と多くの風評を聞いた。ツイッターにはリツイートという機能もあって、誰かが流している間違ってる情報をねずみ算的に増やしてしまう場合もあることも知った。実際の報道の中でも不安を煽り立てる内容のものも多かった。海外メディアの無責任な原発報道もそれに拍車をかけ、関東から避難する人達も出始めた。 その気持はわかるし、それはしょうがないことだと思う。

 僕は北海道の父のところへ行こうかとも考えたが妻とその家族を置き去りにしては行けないのでここへ残ることにしたが、こうした震災のあとで困るのは溢れる情報の中から何を取り捨て選択していくのかということだ。不安、怒り、そういった感情が間違った情報の散布に拍車をかけていく中で、信じることより疑う気持ちの方が強くなっていくのが人間というものだが、もう一度情報に対し冷静になって考えないといけないと思う。

 そして、何かを攻撃することで安心を得たいというのもこうした非常時にありがちなことなので、これも気をつけたいと思う。いまは誰かを攻撃すると一斉に右へ習えになって叩き潰す傾向があるが、自分にとって何が大事なことなのかをまず考えるべきでないのだろうか?ACのCMに抗議したり、AERAの表紙に怒るのは構わないがそれを自分の心のはけ口にしているだけではないかどうか考え直すべきだと思う。

 我々が今できるのは、静かに事態を見守り、情報の取り捨て選択を冷静に行って、自分たちの生活を取り戻していくことだ。それは11日以前の生活に戻れるかどうかはわからない。しかし、被災地の復興に向けても日本人が日本人として誇りを持った態度で一人一人が立ち向かわないといけない時ではないのかと思う。慌てずじっくりと考え、速やかに行動し生きていこうと思う。

 重ねて直接被害に遭われた方たちにはお見舞いを申し上げます。

|

« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »